2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.24 (Tue)

合格の基準

ザイツまで1000時間

ヴァイオリンを習い始めた頃、音楽教室で聞いた言葉で、平均的な上達の目安らしいです。
自分の場合を振り返ってみると、普段の練習時間とザイツに取り掛かった時期からして、多少前後はあるかも知れないがほぼ平均的なようです。

私がザイツを練習している頃にエクレスを練習している人がいましたが、私がエクレスを練習するまでに要した時間はその人との習っている期間の差でした。
もし二人とも同レベルなら、同じ先生に習っているので当たり前なのかも・・・。
同じ先生に習っていて私が追い越した人もあります。
私より2年早くから習っていて、発表会で同じ曲を希望して分かったのですが、私が習い始めて7年目のことでした。

逆に追い越して行った人もたくさんいます。
発表会でアッコーライのコンチェルトを弾いた小学生の女の子は、その後見掛けなくなりました。
ブルッフの協奏曲第1番を弾いた中一の男の子は、アンコールで中一の女の子とドッペル・コンチェルトを弾いた後、二人とも見なくなりました。
ヴァイオリンを始めて2年でホーム・スイート・ホームを弾いた小学校6年生の男の子は、あるコンクールの予選通過後、本選までの間に審査員からフランス留学の勧めがあり、母一人子一人のお母さんは相当悩んでいらっしゃいました。

彼らの発表会での演奏は1回か精々2回しか聴くことがありません。すぐにより高度なレッスンをする先生のもとへ代わって行くので。
そしてヘタッピだけがいつまでも残っています。
あとは仕事が忙しくなったり、アマオケとの掛け持ちが大変になりやめていく人ですが、多くは何らかの形でヴァイオリンを続けているようです。そして私もその一人になりました。

今はレッスンで弾いていた曲の次の曲を弾いています。しかし前の曲も弾き続けています。
それは何をもって合格とすれば良いのか分からないから。
いままでも、今回は絶対合格できると自信を持ってレッスンに臨んでダメだったり、今日は練習不足で絶対ダメと思っていたのに合格したり(友人曰く「諦められただけ」)。

教則本の曲が習得を目指している演奏技術は理解できます。
しかしその技術さえ習得すれば、音程が多少ズレていても良いのか?
1セントでも音程がハズれてはダメなのか?
ブログにレッスン曲の録音がアップされていることがありますが、録音するという緊張を差し引いて聴いても、これでOK?、これでもダメ?と思うものが幾つもあります。
先生の合格基準にもかなりバラツキがあるようです。
音程に厳しい先生なら、私など未だに「きらきら星」や「メリーさんの羊」を弾いているかもしれません。

このままでは3曲目、4曲目と進んでも、いつまでも最初の曲から弾き続けることになってしまいそうです。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.04 (Wed)

体験レッスン

初めて体験レッスンに行ってきました。

体験レッスンというのは以前からあったのでしょうが、当時3歳の双子を連れての体験レッスンは考えもしませんでした。
むしろ、親子合わせて3人続けてレッスンできるような、都合の良い空き時間があるかが気になっていました。たまたま翌月から日曜日に開講される予定があり、先生に話しを伺っただけでレッスンを始めることになりました。
そんなわけで今まで体験レッスンを受けたことがありません。

今までのレッスンをやめるにあたって、週末の家の近くでレッスンを受けられるところを散歩中に探していました。
大手の音楽教室はピアノやエレクトーンだけで、ヴァイオリンはターミナル駅まで出る必要があります。個人では琴や三味線の教室はよく見かけるのですが、ヴァイオリン教室は見当たらず諦めていました。
ところが先日、普段と違うコースを散歩中にヴァイオリンの文字を見つけました。その音楽教室の看板にはピアノやフルートも書いてありました。

覗いてみると小学生がピアノのレッスン中で、このピアノの先生が教室の代表者でした。
この日の夕方に、ちょうどヴァイオリンのレッスンがあるとのことで見学を申し出たのですが、生徒の名前を見ながら「皆さん、嫌がるでしょうね」と。
「1時間の空き時間があるので、体験レッスンなら出来ると思いますけど、いかがです?」
といった次第で、一旦帰宅後、改めてヴァイオリンを持って音楽教室へ。

ヴァイオリン暦を一通り話し、レッスンを受けていないと音程やリズムが曖昧になりやすいので時折見ていただける所を探している旨を伝えました。
体験レッスンとはどうするのだろうと思っていたら、調弦していきなりクロイツェルの練習曲を弾くことに。
早めのテンポで弾き終えると、この辺りの音程が少し怪しいと指摘を受け、少しテンポを落としてもう一度弾くことに。前の先生には3連符のように聞こえると言われていた付点十六分音符と三十二分音符の繰り返しのリズムが気になっていましたが、音程もリズムもOK!
このあとモーツァルトのソナタを少し弾き、45分で初めての体験レッスンを終えました。

月4回30分のレッスンが基本ですが、今なら土曜日夕方の月2回1時間でも可能とのことで、モチベーションの維持と曖昧さのチェックに食指も動きかけましたが・・・保留にしました。
前の先生なら、2度目に弾いたテンポを落としたクロイツェルでは合格点はもらえないと思います。音程もリズムも

営業的な意味合いから厳しく指摘しなかったのか、普段でもこの調子なのか・・・レッスンを見学する方が先生の姿勢がよりハッキリ見えそうな気がします。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.26 (Fri)

最後のレッスン

1995年5月に習い始めて13年半、きのう最後のレッスンを終えました。
レッスンをやめる理由は、十分な練習ができなくなったからです。

この夏以降、二重生活を送るようになって練習時間が極端に減ってしまいました。
平日の家では帰宅後の家事などに時間が取られ、練習時間がほぼ半減。しかも休日前夜は週末の家へ移動するので練習できません。
週末の家にもヴァイオリンを置いてあり、楽譜や譜面台など練習に必要な物は揃っているのですが、皆目と言ってよいほど練習していません。余暇の時間は、平日にはできない散歩や読書などに費やされています。
最近一週間では日曜日にオフ会があってヴァイオリンを弾いたものの、課題曲を練習したのはレッスン前日の1時間半だけでした。

ヴァイオリンを習い始めた頃は次のレッスンが待ち遠しく、与えれた課題以上に練習してレッスンに臨んでいたものです。
それが時間とともに、かつ難しくなるとともに、レッスンのために練習するようになってしまいました。本末転倒であることは分かっていても、レッスンを受けることがモチベーションの維持にもなっていました。それでも遅いなりにも少しづつ前に進んでいました。
いまレッスンをやめて問題になるのは、いかにモチベーションを維持して練習を続けるかです。

レッスンを終えて顔見知りの方々に挨拶をしていると、とあるアンサンブルに誘われました。
アンサンブルやアマオケもモチベーションを維持する方法として有効ですが、参加する以上はそれなりの責任があります。まして練習時間が取れなくてレッスンをやめるのですし、練習不足を理由に月に何度かある練習をむやみに休むわけにもいきません。

他の方法としてオフ会も考えられるのですが、集まりの性格上曲の弾き散らかしに近く、どの程度モチベーションを維持できるか分かりません。
アマオケやアンサンブルほど責任を感じず、オフ会ほど気軽でない、ボウイングや指使いを含め、曲づくりを検討しながら弾く勉強会のような集まりがあればと思います。

その前に、自分が強く意志を持つことが必要ですね。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.17 (Wed)

狭い世界

先日のオフ会で初めてお会いしたそらさんとの意外なつながり。
レッスン場所は違うのですが、私が習っているヴァイオリンの先生が、そらさんがかつて習っていた先生でした。そらさんは先生が厳しかったので止められたそうですが、私は厳しいとは感じていません。
私の通う教室では人気のある先生で、20人ほどの生徒のうち4人が10年以上習っています。他の先生に習っていたのにいったん止め、この先生の空きを待ってヴァイオリンを再開した人もいるほどです。
見込みのある人には厳しく、下手っぴには適当に相手をしてるだけかも知れませんが・・・。

さらにこの夏、先生が出演した100席もないホールでの室内楽で一緒でした。もちろんこの時点ではそらさんの顔は知らない・・・HNさえ知りませんでしたが。
このときの美人チェリストは先生と初共演だったのですが、私がいたアンサンブルでチェロの指導をして下さっていた方でした。そして、そらさんもご存知の方でした。

一年程前から時々訪問している美人ヴァイオリニストのブログ。
先日、彼女が高校の後輩であることが判明しました。
プロオケのオーディションを幾つか受けているようですが、なかなか難しいようで・・・でも常トラとして定期演奏会にも出演しています。
そのオケでは私の高校の同級生がヴァイオリンを弾いていて、彼女にとっては先輩である彼に世話になっているようです。

このブログに何度か登場しているヨーロッパ在住の美人ピアニスト。
彼女が以前より伴奏を務め、昨年は一緒にヨーロッパツアーもした美人ヴァイオリニストが、関西での公演のおりに使っている工房は私が利用しているところでした。
演奏は何度か聴いてますし、CDも数枚持っていますが、工房で顔を合わせたことはありません。

弦楽器って意外に狭い世界ですね。
関西という限られた地域でもあるし、ピアノほど人も多くないし。
なんせ、あの神尾真由子さんでさえ同門ですからね!
聴いたことも会ったこともありませんが・・・。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.11 (Thu)

オフ会の楽しさ

先日、ヴァイオリンのオフ会を楽しんできました。
何回目のオフ会か分かりませんが、主催者としては3人目になるオフ会です。
今までにない「大人のオフ会」といった落ち着いた雰囲気でした。
年齢層もそれなりに少し高めでしたが、男性が多かったこともあるかも?
オフ会の様子は何人かの方が書かれてるし、録音もアップされているので、そちらを参考にしていただくとして・・・。

今回初めてお会いした方はくららさん、sylphideさん、そらさん、のりさん、マリさんるぅさんの6人で、これでブログを介して会った人が都合30人を超えました。
クラシックを聴くほうで会った方もいますが、ヴァイオリンを通じて会った方が大半です。しかも殆どがこの1年あまりの間です。
これだけ多くのヴァイオリン弾きに出会ったのは、アンサンブルに参加したとき以来です。

アンサンブルはヴィオラやチェロもいて音に厚みと深みがあり、一つの音楽をつくりあげるといった楽しみがあります。反面、ボウイングや移弦は揃える必要があるし、他の人に迷惑をかけるので練習を休みづら面もあります。
その点、オフ会はボウイングや移弦の制限がないし、間違っても落ちても気楽。レベルの差があっても一緒に楽しめ、そして都合のよいときだけ参加できるメリットがあります。
もちろんヴァイオリンだけでは厚みや深みに欠けるし、つくりあげる充実感は満たされませんが。

もう一つメリットが考えられるのですが・・・それは後日。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.31 (Fri)

独身生活

別荘から戻って早や1ヵ月半。
そして独身生活になってからも1ヵ月半。
今までの経験から、退院後ヴァイオリンを弾き始めるまで多少の時間がかかることは分かっていました。
しかも、戻るなり二重生活が始まることにもなっていたので、スムーズにスタートできるように準備していたのですが・・・。

1ヶ月の予定の入院から10日も早く戻ったところ、タイミング良く「アンサンブルするの」の開催があり、早速参加して上手くスタートを切ることが出来ました。
翌日には教室の発表会を聴きに行き、先生とお会いして10月からレッスンを再開すことになりました。
こうして約2ヶ月ぶりとなるレッスンに向けて練習を始めました。
こなすべき家事も放ったらかしで、数日分溜まると練習を諦めて家事をこなす。
休日になると家族の元へ帰り(行き?)、家事をしないので余分に練習できる。
こうして過ごした結果、10月初旬のレンッスンはバッチリ一発で合格でした。

9月中は滅茶苦茶なリズムの生活でしたが、休日に帰っていると布団が干せないなどの問題もありました。
10月からはリズムを保った生活をしようと、土日の2日間帰るのはやめて1日だけにしました。
また引越し後に空いた部屋の掃除や片付けも始めました。
ところが仕事を終えて、食事、洗濯、掃除、入浴までこなすと、もう時間が残ってない。
ヴァイオリンの練習やPCに向かうことはおろか、ニュースや新聞も充分には消化できなくなってしまいました。
こうして10月2回目のレッスンは不満足な結果に。
そして生活のリズムが安定してくるにつれ、ヴァイオリンを触らない日が3日、5日と続くようになり、とうとうレッスンをキャンセルする事態に。

このままでは一向にヴァイオリンが弾けないと、洗濯機を動かしている間に夕食を摂るなどして時間を作り、一昨日10日ぶりにヴァイオリンに触ることが出来ました。
こうして昨日も何とか触ることが出来ましたが、今日は家族の元へ帰るので触れません。
家事を要領よくこなせるようになるまで、ヴァイオリンとのお付き合いは忘れない程度になりそうです。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.21 (Thu)

甦るヴァイオリン

楽器の練習で困ることに練習場所と時間があります。
今、私は周りに気兼ねなく練習できる状態になりましたが、それまではそれなりに苦労しました。

ヴァイオリンを習い始めた当初、仕事を終えても帰宅時間によっては練習できない日もありました。
最初は簡単なレッスン曲なので、毎日練習できなくても然程問題にはなりませんでした。
しかしレッスン曲が難しくなるにつれ、そうも言っていられなくなりました。
そこで終業時刻とともに一旦退社し、自宅で練習かつ夕食後、再び会社へ行き仕事をするようになりました。
ただ、これは通勤時間が数分なので出来たことですが。

さらにレッスン曲が難しくなり、発表会が近づいてくると練習時間そのものが足りなくなってきました。
ちょうどその頃にサイレント・ヴァイオリンが発売されたので、すぐに飛びつきました。
そして、終業→帰宅→練習(生ヴァイオリン)→夕食→仕事(会社)→帰宅→練習(サイレント・ヴァイオリン)という構図が出来上がりました。

やがてサイレント・ヴァイオリンでは、楽器本体や空気の震動が感じられず満足できなくなりました。
そこで金属製のミュートを使うことにしましたが、万が一ヴァイオリンに落として傷つけたり壊したりするのが恐ろしく、ミュート専用として安いヴァイオリンを買いました。
ところが夜でも周りに気兼ねすることなく練習できる場所が見つかり、このヴァイオリンもお蔵入りすることになりました。

話しが変わりますが、この盆休みに引っ越しました。
子供の所属するクラブがこの春から早朝練習するようになり、朝5時起きの帰宅が7時という状況が続いておりました。
妻が早起きかつ遅い就寝となり大変なこと、また往復2時間の通学時間が受験時期が近づくと勿体無いからと、徒歩通学の圏内に引っ越しました。

反対に私が片道1時間かけて通勤することになると、ヴァイオリンの練習をする暇がなくなってしまいます。
で逆単身赴任というか、単身居残り置いてきぼりになりました。
週末には帰宅するというか行くのですが、休日のヴァイオリン練習が問題になります。

たまたま譜面台は普段は使っていない折りたたみ式があり、やはり普段使わない電子メトロノーム兼チューナーもあります。
今のヴァイオリンに買い換えたとき弓も新たに買ったので、以前の弓が残っています。
そしてミュート専用のヴァイオリンが甦ることになったのです

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.18 (Mon)

弓を持つ手(結論)

このところ右手親指をサムグリップにおいて練習していましたが、親指がフロッグに触れる持ち方とどちらがよりベターか判断がつかず、レッスンが始まるときに先生に尋ねました。
敢えて今まで尋ねなかったのは一方を否定されてしまい、使わないよう指示され比較検討できなるなるのが嫌だったからです。

サムグリップに親指をおくと人差し指や小指が弓を支えてる感覚が顕著で、弓の重みが弦に掛かっていることがよく分かる。
しかし弓のコントロールが多少し難くなる。
逆に親指がフロッグに触れるように持つと弓をコントロールし易くなるが、素直に弦を響かせ難い。
この点については同じ意見のようです。

先生によるとバロックやハイドンあたりまでは親指をサムグリップに置いて弾く人も結構いるらしい。
逆に近現代曲の弓の動きが激しい曲では弓のコントロールが難しくなるので、親指がフロッグに触れている人が多い。
また、持つ位置によって使える弓の長さが違うので、曲によっては持つ位置を変える場合もあるらしい。
でも人それぞれで、変えない人もいれば、曲によって(また曲の途中で)持つ位置を変える人もいる。
さらには古典派と近現代曲で弓を変える人もいれば、オーケストラ曲と室内楽で弓を変える人もいる。

体格や手の大きさによっても持ち方が違ったりするので、先生の体格にもより教え方が違うことも多いようです。
特に問題が生じなければ、それがそのまま孫弟子へと伝わって入るようです。
私の先生の先生はソリストとして活躍するかたわら、現代曲を中心に初演も数多く手掛けるオーケストラのコンミスです。
必然、現代曲を演奏する機会が多く、フロッグに親指が触れる持ち方かも知れません。
私の先生の持ち方もフロッグに親指が触れる、私の元の持ち方と同じでした。
ですから今まで何も言われなかったのは当然です。

結論としては、良い音で良い演奏ができれば持ち方はどうでもよいとのことです。
というより、良い音・良い演奏を目指せば自然とそれに適った持ち方・弾き方になるという意味でしょうが。
教則本はあくまでも効率良く上達するためであって、基本的なこと以外は良い音・良い演奏ができれば教科書通りにする必要はないとの考えのようです。

案の定、13年も付き合ってる私にとっては予想通りの結論でした。
でも未だに私は迷っていて、当面は両方の持ち方で練習を続けようと考えています。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.13 (Wed)

基礎レッスン #14

【自主練習】
《新しいバイオリン教本・第1巻》

右手親指をサムグリップにおき、移弦時の右ひじの位置に注意して教本の前半を練習。


【レッスン】
《クロイツェル42の練習曲》ー第2番

16分音符8つの最初3つがスラーで、4・5つ目がスタッカート、最後3つがスラーの奏法(13番)。

4日しか練習していないので、かなりゆっくり目に弾いたのですが一発で合格
しばらくヴァイオリンに触っておらず、弦も緩めてあって調弦に時間が取られてあまり練習できていなかったので意外でした。
11番と並行して練習していましたが、同じ曲を奏法を違えての練習はし難く、どうしても一方に重点を置くことになり上手く弾けてませんでした。
13番だけに専念できたことが良かったのかも?

次回は18番、19番、20番の奏法で。

モーツァルトヴァイオリン・ソナタ第34番》ー第1楽章

今回はお休み。


今月、来月と休会中なのですが、先月最後のレッスンが入院中だったため7月分としてレッスンを受けました。
教室としてはダメなのでしょうが、先生に8月・9月の休会を連絡したら、「来られれば、7月分としてレッスンしますよ。」との言葉に甘えてしまいました。

来月から弦の値段が2割ほどあがるので、オブリガートとセンシコアを各々セットで買いました。
今回は便乗値上げだとの噂もあるようですが・・・

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.22 (Tue)

左利き

先日のオフ会後の食事中、くまさんの動作に違和感を覚え見ると、箸を左手に持っていました。
そう左利きなんです。でも鉛筆は右だそうです。
実は私も左利きです。私は箸も鉛筆も小さい頃に右に直した(?)ので気付かれないことが多いのですが。

自分が左利きにも係わらず、右利きの人を見慣れているので、左利きの人には違和感を覚えます。
ですから右利きの人と一緒に作業しても違和感はありませんが、相手には当然違和感があるようです。
例えばハサミを使っていると、切り難そうに見えるようです。
左利き用のハサミをプレゼントされたこともありますが、すでに右利き用のハサミに慣れていたため、むしろ使い難かったです。

右利きの人には不自由に見えるようですが、逆に有利なこともあります。
高校の卓球の授業で、皆左利き相手にはやり難いようで、私はクラスで全戦全勝でした。
このため全校大会にクラス代表で出場しましたが、最後は卓球部員に負けました。
私にすれば右利き相手にゲームをするのは当たり前のことで、左利き相手でもラリーがやり易く、左利きの有利さを実感しました。

最初に左利きの有利さを感じたのは、中学生のときに始めたギターです。
コードなどを押さえるには左利きは便利でした。
でも、アルペジオやトレモロなどが登場すると右手の重要さも感じました。
反対に、高校生になってピアノを始めたときは左利きの不利さを感じました。

フルートをほんのチョットだけ齧ったことがありますが、これは利き手の有利さはないように思います。
他の木管楽器も多分同じなのでしょう。
金管楽器はピストンやスライドを右手で操作しますが、左手で操作することもできるのでしょうか?
ホルンだけは左手でバルブを操作するので、左利きに有利かもしれません。
これはベルの中に右手を出し入れする事で音程を変えていた名残ですが、バルブが発明された時なぜ反対にならなかったのか不思議です。

さてヴァイオリンはというと、習う前は、いや習い始めてもしばらくはギターと同じく左利きの方が有利に感じていました。
何と言っても左手は音程を作り、速いパッセージでは目まぐるしく指が動き回るのですから。
それに比べ右手は単調に往復運動をするだけ。
ホルンと同様、これは絶対に左利きが有利だと。
それでも4指には苦労しましたけどね。

最近、右手の重要性をひしひしと感じています。
左手は機械のように正確に押さえればよいだけ(これが難しい)ですが、曲の表情を作り出すのは右手です。
ヴァイオリン(属)が右手の見た目の動作と、表現上の重要さとのギャップが最も大きい楽器かも知れません。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。