2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.26 (Sun)

カラ・ピアノ

41MSBEVTX7L.jpg

教則本や名曲集の楽譜などに付いているピアノ伴奏だけのCDです。
私はいわゆる「白本」(新しいヴァイオリン教本)でレッスンを受けてきました。そして全6巻とも模範演奏とカラピアノが収録された教則CDを持っています。

最初の頃はこのカラピアノに合わせて練習していましたが、途中から全く使わなくなりました。と言うのも第1巻や第2巻はまだしも、第3巻あたりになってくるとCDのテンポに合わせて弾けなくなってきたからです。
徐々に早く弾けるようになってイン・テンポで弾けるようになる頃にはレッスンが終わり、次の課題曲になるのでCDに合わせることもなく進んできました。

今回の発表会で弾く曲は通して演奏するには時間が長いため、ソロ・ヴァイオリンのないオケ部分は殆どカットしています。
古い録音では一部分をカットした演奏もありますが、カット部分が今回のカットとは違いがあります。ましてピアノ伴奏で録音されたCDなどありません。

変拍子の曲であり、アクセルやリタルダントも随所にあって、メトロノームを使って部分練習はできても、通しての練習にはメトロノームも役に立ちません。
テンポを合わせるのが難しそうなので、最初のピアノ合わせのときに伴奏だけを録音させていただきました。
この録音に合わせて練習しているのですが、なかなか上手くいきません。

最初のうちはカットされている部分で、頭の中で本来のメロディーが流れていて、次に入るのが遅れて慌てて弾き始める状態が続きました。
カット部分が頭に入ってようやく合わせられるようになっても、次は拍子の変わり目やアクセルやリタルダントでのテンポが合いません。
ようやく部分々々でのテンポが会うようになって通して弾いてみると、速いパッセージで遅れたり、あるところでは伴奏より速かったりと全体を通して合わせることができません。

生伴奏でも毎回同じように弾けるわけではありませんから、「伴奏に合わせて弾く」ことには無理があるようです。
しかし、部分練習では伴奏に合わせて弾いて録音し、その録音を聞くことで音程やテンポのズレ、アーティキュレーションの確認などに非常に役立ちました。

教則CDも同様の使い方をすれば効果は得られのだと思います。もちろん全曲通して合わせられれば、それに越したことはないのですが。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

なるほど!
長い曲だとテンポがそれぞれ異なるのですね。
私は短い曲しか練習してないのでまだテンポで苦しむ事は無いのですが、、、
あ、リズムは苦しんでますけど。(苦笑)

先日の月1のアンサンブルに参加してから何気なく聴いていたメロディ達が楽譜にすると物凄く複雑な♪の羅列だと気づいてしまった私…。
ハチャさんの↑の曲もきっと真っ黒な♪ばかりなのでしょうね、、、

第二Violinの方が第一より弾きやすいのですね。
先生も同じ事言ってました。
…ってかそれすらも知らない私って、、、(汗)
まぁ、私は私なりに楽しんで‘ごんべい’を鳴らしまっす♪

ハチャさんも頑張って下さいね!
gabo |  2007.08.29(水) 12:21 |  URL |  【コメント編集】

■指が転がってます

>ハチャさんの↑の曲もきっと真っ黒な♪ばかりなのでしょうね
1小節に♪が24個とか20個とかあります。♪が多いので楽譜には1段に2小節しかないところもありますね。
ここ(3分20秒あたり)で指が転がっています。
何度やっても出来ないので伴奏のスピードを計ってみたら、打ち合わせより速くなってました。

>第二Violinの方が第一より弾きやすいのですね
一般にはそうですね。
でも主旋律が出てこなくて面白くないときもありますが…。
2ndで参加して、易しい曲(例えばカヴァレリア・ルスティカーナ)のときに1stを弾かせてもらえば。
ハチャ |  2007.08.30(木) 00:49 |  URL |  【コメント編集】

■知らなかった。。。

第二の方が第一より弾きやすいって知りませんでした~。でも勉強になりましたね(笑)

曲が長くなってくると色々と大変な部分が出てくるのですね~。
1小説に24個とか20個なんて読むのも大変そうですね!(驚)指がもつれてしまいそう。。。

ハチャさん、教則CD全巻持ってらっしゃるんですか!私も何度か買おうかな~と思ったことがあるのですが
いつも結局買わずじまいです;知らない曲とかCDがあればとても助かるかな~と思うのですが。。。;
でもカラピアノと合わせるのって楽しそうですね!難しそうですが。。。;
天夜 |  2007.09.03(月) 00:30 |  URL |  【コメント編集】

■曲にもよりますが

>第二の方が第一より弾きやすいって
概ね第2は第1とヴィオラの間のパートを演奏するので、あまりハイポジションが登場しないのです。でも聴き慣れたメロディーを弾くわけではないので必ずしも簡単だとは言えませんが…。

>1小節に24個とか20個なんて読むのも大変そうですね!
指はもつれてます。ここの写真の部分です。
http://khachaturian.blog49.fc2.com/blog-entry-11.html

>教則CD全巻持ってらっしゃるんですか!
確かに知らない曲は助かりますが、第3巻以降の曲は殆どが原曲の演奏CDが発売されていますので、持ってても意外に聴かないですよ。
ましてカラピアノになると、上に書いたような状況ですからなおさらです。

ところで、空メールでよいので、右下のメールフォームからメールを送っていただけませんか。
プレゼントがありますv-25
ハチャ |  2007.09.04(火) 01:06 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

見に来ていただいているようで。。。
さっき知りました。。。遅いですねーー;
読ませていただきました。
どうしても伴奏合わせで狂うところとかは、早めに伴奏者に此処はこうしたい!とできるだけ伝えたり、合図を決めたりして、
Vnが生き生きと弾けるように、伴奏者さんに手伝ってもらいましょう。というか。感じ取って伴奏してくれる物なんですけど。。。
からピアノの良い所は、ピアノが入ると弾けなくなってしまう方が多いのです、何時も、一人でVnの音だけで弾いてるから。
暗譜してバッチリ弾けるのに、ピアノとあわせると全く弾けない方が多いのです。
その予防と慣れですね!そして、からピアノに合わせられれば、こう弾きたい!という別の音楽性があれば、それはそれで大切にしていき、生であわせるときにピアノの方と相談して、セッションしていくんです。
たとえ、素人だろうが、初心者だろうが、発表会の主役ですから!!注文は黙っててはいけません♪
3巻ですか。。。あ~かなり難しいでしょう。
白本は本当にハードです、原曲に近い曲だらけで、鈴木が編曲されているのがよく分かるくらい・・・

また、読ませていただきに来ます♪
danse-macabre |  2007.09.10(月) 10:30 |  URL |  【コメント編集】

■いらっしゃいませ♪

いや~、お恥ずかしいv-8
間違ったことも書いていそうで…。
お二人目になりますが、Vnの先生がお見えになるとは思いませんでした。

>見に来ていただいているようで。。。
はい、時々拝見いたしております。

伴奏はピアノの先生なので、こちらが躓いたり止まったりしない限り合わせていただけるので問題はないのですが、カラピアノは合わせてくれませんのでねぇ。
毎回同じように弾けるわけではないので、こちらがカラピアノに合わせるのが難しいのですよ。

白本は6巻すべての曲を弾いたわけではありませんが、一応卒業した(ような?)形になっています。
今回の発表会の曲はハチャトゥリアンのVn協奏曲なのです。
ハチャ |  2007.09.10(月) 23:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。