2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.24 (Sun)

6月のレッスン

gakufu.jpg

                 ハチャトリアン:ヴァイオリン協奏曲第3楽章753~783小節
                        (写真をクリックすれば大きくなります)

8頁から9頁前半までは音程を除き(これは永遠の課題)、大きな問題もなく通過しました。
しかし、予想通り、いや当然と言うべきか、案の定「アクロバティックな指使い」が全く出来ません。

761小節の2,3指でド♯が低くなるし、開放弦のD線やA線に指が触れて音が濁ってしまいます。でも、ここはまだましな方で、764小節の頭の音はもっと問題です。直前のA線7ポジ1指のラから降りてG線2指ド♯を押さえても、E線3指のラを取ることが出来ません。
そもそも2指が3指より駒寄りを押さえること自体に無理があるのでは?、と思うのですが。

それじゃぁと、2指と3指を入れ替えても、2指の爪でE線を押さえる形になってしまって上手くいきません。
1~4指まで色々な指の組み合わせを試してみたものの結果はもっと悪く、やはり譜面通りの指使いが一番ましということに落ち着きました。
徐々に楽になってはいくのものの、同じことが768小節、772小節、776小節でも登場します。

他に方法がないものかと考えて気付いたのが、続く2拍目のオクターブのラ音を4ポジD線A線で弾くことです。
こうすればG線とE線を同時に押さえる必要がなくなりますが、ポジション・チェンジの回数が増え、テンポ・アップが可能かという問題が残ります。
この方法をを提案してみると、あっさり否定されてしまいました。やはり速いテンポでは難しいということです。

どうしても2ポジのド♯(およびド、シ、シ♭)へ移動して、E線3指のラを上手く押さえることが出来ずにいると、先生から助け舟が。
それは、直前の小節3拍目のラを1ポジE線3指で取る方法です。これは761小節と同じで、先にラを押さえているので幾分取り易いし、ポジション・チェンジの回数も増えません。
「アクロバティックな指使い」は変わりませんが、7ポジから直接よりはましなのこの方法を採用することにしました。

そして777小節の4重音でフィーバー。速いテンポでこんな指の置き方がすぐに出来るわけがありません。
さらに、まだ問題が…。
続く最終ページ全体がスピッカートの連続で、上手く弓が跳ばせないのです。

今月のレッスンは最終ページの中程まででした。次は「アクロバティックな指使い」から最後まで。
次回で終われるのでしょうか?
最後に「第2楽章も練習してきてくださいね。」と。

このまま発表会モードに突入して、済し崩し的に第3楽章を終えたほうが良いような…。

【More・・・】

--------------------------------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
ヴィラ=ロボス:  交響曲第7番、シンフォニエッタ、ギター協奏曲、5つの前奏曲、12の練習曲
ギリス:      交響曲51/2番、交響曲 "X"、ダンスパーティー、アンコール協奏曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番、交響曲第2番「10月革命に捧ぐ」
ハーメンニエミ:  交響曲第1番、交響曲第2番、ヴァイオリン協奏曲

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■凄いですね~

凄い指遣いですね~。しかも、これを「速く」とか言われるのでは・・・
ちなみにスピッカートの方も、私は出来ません~。
次回レッスンまで、練習が大変ですね。
c-tail |  2007.06.24(日) 22:23 |  URL |  【コメント編集】

■びっくりな譜面です…

楽譜拝見しましたー
すごすぎて…なんていうか、これを弾いてる所を見てみたいと思いました。
「A」って書き込みがあるところなんて
「この音をA線で取ろうっていうんですか?」と驚愕…Σ(゚д゚lll)

色々大変そうなフィンガリングなのですが、やっぱり手がいつもよりだるくなったり痛くなったりはしないのでしょうか?
私は小柄なせいか手が小さくて、低い1を抑えながら高い4を重音で…とか言われると手がつりそうになってしまって…(>_<)
今回ハチャさんのブログを読んで、ただ楽譜に書いてあるフィンガリングで納得するのではなく、色々置き換えて自分に一番合う押さえ方を検討するのもとっても大切だなーと気づきました。

私も来年の4月に発表会があるのですが、早く練習したいと提案したら、急に今やってる曲の進み具合が速くなりました(笑)
どこの教室でも発表会は絶対なんですね…(^^;)

いつも私のブログにも来て頂いてありがとうござます。
はちゃめちゃな事が多く書いてあるので、恥ずかしいんですが( ̄□ ̄;)!!ハチャさんのブログをリンクさせて頂きましたのでご報告します。
これからも色々教えてやって下さい。よろしくお願いします(^^)
みなみ花音 |  2007.06.24(日) 23:29 |  URL |  【コメント編集】

■凄いでしょ。

最初見たときは、指番号の印刷ミスじゃないかと思いましたね。そしてド♯はラ♯の間違いじゃないかと…。
ピアノ譜やスコアを見て間違いじゃないと分かったときは愕然としました。

c-tailさんもスピッカートは苦手ですか。
初心者の頃は、デターシュやスタッカートより簡単そうに見えたのですがね。いざ、やってみると弓のコントロールが難しいです。
ハチャ |  2007.06.25(月) 10:56 |  URL |  【コメント編集】

■リンク、ありがとうございます。

>これを弾いてる所を見てみたいと思いました。
この曲、今まで何度かコンサートで聴いていますが、指使いを意識して見たことはないですね。
次の機会があれば注意して見ようと思いますが、細かい指使いが見れる席を確保するのが難しそうです。

>この音をA線で取ろうっていうんですか
ここは7ポジで取らないと、続くオクターブ上のラとの重音が弾けないでしょ。
実は、最悪の場合この上のラをカットし単音で弾いて、ポジション・チェンジなしでこの難所をやり過ごすことも考えていました。

>手が小さくて、低い1を抑えながら高い4を重音で
1ポジは幅が広くて大変ですが、ハイ・ポジションでは幅が狭いので大丈夫ですよ。
1ポジも練習するうちに徐々に広がるようになってきますよ。
私もようやく難所で開放弦に触れることはなくなりました。音程は全然ですが…。

>自分に一番合う押さえ方を検討するのもとっても大切
私が考えるようになったのは、まだ3年ほど前からですけどね。
教則本には指使いを目的にしている曲もあったりするので安易に変更できませんが、過去にやった曲で難しかった箇所を検討してみるのもいいですよ。同じ曲でも楽譜によって指使いが違ったりしますからね。
要は、正しい音程で綺麗な音を自分が鳴らせればいいだけのことですが。(これが難しい。)

>どこの教室でも発表会は絶対
ひょっとして、音楽教室の経営者による先生の評価の場、だったりして。
ハチャ |  2007.06.25(月) 13:06 |  URL |  【コメント編集】

■発表会って

「先生の評価=先生の給料査定の元?」
なんでしょうか?
私も先生より発表会を勧められていますが、、、

確かに発表会は‘励み’になりますけど…「人前は嫌だな」と思ってしまいます。(苦笑)

あ、私もハチャさん位実力があると「出てみたい!」って思う…かも。
gabo |  2007.06.25(月) 21:46 |  URL |  【コメント編集】

■追伸

リンクありがとうございました!
gabo |  2007.06.25(月) 21:47 |  URL |  【コメント編集】

■ぜひ発表会に

発表会が先生の査定に繋がっているとは思いませんが、金儲けには利用しているかも知れませんね。(笑)
参加料はともかく、観客(といっても家族や友人しか聴きに行きませんが)から入場料を取ってるピアノ教室は知っています。

「発表会に出るために一生懸命練習するから上達するのだ。」と言った知人がいました。クーベルタン男爵のようですが。
でも、一理あるかも知れません。

gaboさんも発表会に出ましょう!
ハチャ |  2007.06.26(火) 00:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。