2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.05.25 (Fri)

発表会

再インストール後、PCの調子がどうも良くない。
やたら重くなっているし、インストールしたソフトは最新ヴァージョンに自動更新され、画面の様子が変わっていて使い難い。
おまけにダウン前に書きかけの記事は消えてしまうし、その後に書いた記事も消えてしまった。
PCと向き合う気力が失せてしまう。

そんな所に、例年のことではあるが発表会の案内が回ってきた。
しかし今年はタイミングが悪く、気持ちとしてはパスしたいところである。

今レッスン中の第3楽章はおよそ7割ぐらいまで進んでいる。ここまで3ヶ月半ほど掛かっているので、残る3割にまだ2ヶ月は掛かるだろう。おまけに先生が「アクロバティックな指使い」と称した箇所もこれからである。しかも速いところでも半分、遅いところでは3分の1程度のテンポでしか弾けない。
この状態では第3楽章を9月の発表会で弾くことは不可能だ。

とすると、一時中断して発表会用に他の曲を弾くかということになるが、今の中途半端な状態で中断すると再開するときが怖い。かと言って、並行して新しい曲に取り組むには時間が少なすぎる。
では、今までに練習した曲を弾くか。といっても今の前にレッスンを受けた曲はモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ第28番で、すでに一昨年の発表会で弾いている。
残るはハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲第2楽章しかない。

第2楽章はふつう演奏時間が12~3分になる。しかし、私が最難関部を弾けるテンポでは15分を超えそうである。
発表会で演奏された最も長い曲はヴィターリのシャコンヌだと思うが、この曲は10分を少し超える程度。
モーツァルトのソナタは私以外にも数人弾いているが、全員繰り返しを省略し、9分台の演奏に収まっている。
15分では先生が許しても、教室側に拒否されるだろう。

ここで振り出しに戻ってしまう。
遅くとも来月中には決めなければならないが、やはりパスしたいのが本音。
去年パスしたときには周りからあれこれ言われたし、2年続けてパスもし難い。
ああ~、どうしたものか。

【More・・・】

--------------------------------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[生演奏]
デュカス:  交響曲
ドビュッシー:小組曲
プーランク: 組曲「牝鹿」

[録音]
アウリン:      水彩絵の具
ヴィヴァーニ:    シンフォニア第2番
ヴィターリ(G.B):ソナタ第1番
オンスロウ:    大六重奏曲、大七重奏曲
スカルコッタス:   ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲
デュカス:     交響曲
テルテリャン:   交響曲第7番、交響曲第8番
ハイドン:     交響曲第26番「嘆き」、交響曲第55番「校長先生」
プーランク:    組曲「牝鹿」
プロコフィエフ:   ヴァイオリン協奏曲第1番、ヴァイオリン協奏曲第2番
ポッパー:     ハンガリー狂詩曲
マルティヌー:   ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲第2番、3つのマドリガル
ミヨー:       ヴァイオリンとヴィオラのためのソナチネ
メイヤー:     弦楽五重奏曲

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■悩みますね♪

pcの調子はともかく・・・。その鍵は・・・テンションですよね。

ハチャさんの背中を押すのも蹴るのもできますが。

出よう!発表会!
ドカッ!(笑)

無責任なことも言えませんよね。
でも、15分?弾いてもいいのではないでしょうか。かっこいいメロディだし。
葉月 |  2007.05.25(金) 23:16 |  URL |  【コメント編集】

■蹴られたくない背中(芥川賞選外)

>その鍵は・・・テンションですよね。
そう、発表会に出るのって勢いですよね。
レッスン中の曲が完成間近だとか、区切りが良くてこれから新しい曲に掛かるときとかなら。
例年のことなので、少し前から目星をつけていた2曲があるのですが、1曲は未出版ですし、もう1曲はフランスから取り寄せで8千円もするし・・・。

発表会は初日が管楽器とハープ、2日目が擦弦楽器とギターで両日とも40人程演奏しますから、15分は絶対認めてもらえないでしょうね。

背中を蹴らないでくださいv-293
間違って落ちないように、後ろから引っ張てくださいよ(笑)
ハチャ |  2007.05.26(土) 00:51 |  URL |  【コメント編集】

■PCは

PCはちょっとしたことでも突然調子が悪くなったりしますよね。何故悪くなったのかが分からないから対策のうちようもなく、ただ気分だけが重くなります。(T_T)

発表会・・・出るなら出るで、出ないなら出ないで大変なのですね。
出た方が自分のモチベーションにはなるのでしょうが・・・
c-tail |  2007.05.26(土) 22:34 |  URL |  【コメント編集】

■発表会

PC大変ですね。せっかく初期化したというのに…
私のPCも初期化するたびに何だか不都合になっていく気がします…何故?

発表会、私も毎年悩みの種です。
去年の発表会にどうもモーツァルトの「メヌエット」が上手く弾けず、3ヶ月前にいきなり「タイスの瞑想曲」にしたはいいが、あと1ヶ月という所で急に先生からバッハのドッペルの第2ヴァイオリンのアンサンブルを頼まれて、タイスもドッペルも練習しきれなくて、両方とも当日めちゃくちゃだった思い出が…

曲のタイミングって本当に重要ですよね。身に染みて感じました。
ハチャさんは更に更に大曲に取り組んでいらっしゃるので、タイミングをあわせるのも難しいのでは?と思いました。
悔いの残らない選択が出来るといいですね。

…そうそう、本題が今頃になってしまいましたが(笑)
ハチャさんの教えていただいた「神戸楽譜」さんでお問い合わせしてみたところ、海外からの取り寄せが出来るようです。
値段など詳しい事はまだ聞いてないのですが、早速取り寄せてみたいなーと思っています(上の8千円と聞いてちょっと不安になってますが…)
本当にありがとうございました。自分だけで探していたら一生見つかりそうになかったです(^^;)
手元に楽譜が来たら、難しそうですが、ちょっと取り組んでみようかな?とも思ってます(*^_^*)
みなみ花音 |  2007.05.27(日) 23:40 |  URL |  【コメント編集】

■c-tailさんの発表会は?

ウイルスなのか、ソフトなのか、はたまたハードなのか、原因が見え難いので困りますね。
最近はPCだけでなく、家電や車でもそうですが。

今は自分がやりたい曲ばかりレッスンしているのでモチベーションとしては申し分ないのですが、逆に中途半端にはしたくないし。
しかし普段のレッスンと違って、発表会はタイムリミットがあるのでねぇ。
ハチャ |  2007.05.28(月) 11:34 |  URL |  【コメント編集】

■楽譜の値段

インストールしてから重くなった感じがするので、再インストールしたら軽くなって調子よくなりました。
再インストールに際してバックアップ体制も整えましたから、ハードに異常がない限り大丈夫だと思いますが…。

花音さんも発表会には苦労されてるのですね。
自分が気持ちよく弾けるようになった曲を次の発表会まで続けて弾いていれば良いのでしょが、次々と課題が出てきますし、先生は足踏みさせてくれないですしね。

>悔いの残らない選択
パスしかないですねe-282

>値段など詳しい事はまだ聞いてないのですが
8千円はソナタですし、現役の作曲家ですから著作権もあって高いのだと思います。
花音の探していらっしゃるのはソナタに比べると時間も短いですし、著作権も切れているのでそれ程高くはないと思いますよ。ただ曲集に収められていると別ですが。
ハチャ |  2007.05.28(月) 12:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。