2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.01.30 (Tue)

分類

070127_0018~01.jpg

「げんざい かこ みら~い」という歌があったが、いつまでが過去で、いつからが未来なのだろう?そして現在はいつから、いつまでなのだろう?
そう言えば「きのう きょう あ~す」という歌もあった。
一般的には午前0時(午後12時)で区切るのだろうが、なら午前0時は今日なのか、それとも昨日なのか?しかし、最近では午前1時を25時としているのを見かける。就寝時刻が遅くなり、午前1時を翌日ではなく、前日の続きとしているからだろう。
じゃぁ、看護師のように夜勤がある人たちは、どのように使い分けているのかとも思う。

「古代、中世、近世、近代、現代」という時代分けも曖昧だ。しかもなぜ「中代」がないのか。現世はあるが「古世」はない。もっとも、「現世」は「前世、来世」とセットで意味も違ってくるが。
時間を「今」という鋏で切ってみても、金太郎飴の切り口のように過去も未来も同じ顔を見せているだろう。でも金太郎飴の両端の顔が微妙に違っているように、時間も少し離れると差が現れ、さらに離れることによって分類が可能になるのだろう。

こんなことが気になったのは、あるところでヴァイオリンの「オールド、モダン、コンテンポラリー、新作、中古」の分類が話題になったからである。

http://blog.goo.ne.jp/bach707/e/7034e82c37e0d643e14db7a147303a79
http://blog.goo.ne.jp/bach707/e/90115d0ba226c85c73379890fd232164
http://blog.goo.ne.jp/yumi610925/e/4f64a01071208164179bc970695983db

1945年のモダンとコンテンポラリーの区切りはハッキリしているものの、モダンとオールドの区切りが曖昧なままである。オールドが「1820年まで」、「1800年代まで」、「作られてから100年以上」と3種類もある。
「1820年まで」と「1800年代まで」では、モダンの期間が125年間と45年間で大きな差がある。また「1800年代まで」と「作られてから100年以上」では、今のところ7年の違いしかないが、100年後には現在の新作もコンテンポラリーもモダンも全部オールドになるのだろうか?
実際のところは、川の水と海水が混じりあう汽水域のような時期があり、その期間が判断する人によってマチマチなのでしょう。

私のヴァイオリンはこの曖昧な時期のものであるが、私自身はどの分類に入ろうが気にはならない。むしろ、このヴァイオリンが世に出て私の手元に来るまで、どのような人がどんな曲を弾いてきたのか知りたいと思う。また私の手を離れて以降、どのような人がどんな曲を弾くのかも気になるところである。(私が一番下手で、知るのが恐い気もするが。)
最もそれを知りたがっているのはヴァイオリンの製作者かも知れない。

ところで、他の楽器に比べてヴァイオリン(属)がいくら寿命が長いといってもいずれ終焉を迎える時がやって来るわけで、今後そのような分類が設けられるのだろうか?例えば老年期や脳死状態のような…。
まだ天寿を全うしたヴァイオリンは知られていないようですが、いつごろから脳死状態になるのでしょうね。
そして、誰がババを引(弾)くのでしょう?


【More・・・】

--------------------------------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
ハチャトゥリアン: 交響曲第3番、チェロ協奏狂詩曲、無伴奏チェロ・ソナタ「ファンタジア」
ヒナステラ:    バレエ「エスタンシア」、バレエ「パナンビ」
フェルドマン:   イクシオン
ベルワルド:    ファゴット小協奏曲
松村禎三:    ピアノ協奏曲第2番
メンデルスゾーン:ヴァイオリンとピアノのための協奏曲

練習メモ
[第3楽章:1~397小節]
119~120小節:ピアノ譜ではシ・ド♯のスラーはない。スコアにもスラーはないが、ド♯・ファ♯にスラーが付いている
288小節:ド♭は3指でもよいか?
296小節:同上

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■多くのヴァイオリンは・・・

先日はお祝いのコメントありがとうございました。
その後、母子ともに退院してきましたがバタバタの生活です。(^^;;

多くのヴァイオリンは、老衰を迎える前に些細なショックで壊れてしまうのかもしれませんね。
でも、もしかすると、木材の老朽化で響かなくなっていくというヴァイオリンの晩年があるのでしょうか・・・
c-tail |  2007.01.30(火) 12:53 |  URL |  【コメント編集】

■あらためて

ご出産おめでとうございますv-315
しばらくは落ち着かず大変だと思いますが、忘れない程度にヴァイオリンの練習も頑張ってください。

1608年のアマティ(何と徳川家康が生きていた)に触ったことがありますが、凄くいい音でしたよe-291
檜の話ですが、伐採後2~300年で強度が1.3倍になり、1000年後で伐採時の強度に戻るそうです。
我々が生きているうちには、天寿を全うしたヴァイオリンにはお目にかかれそうもないですね。
ハチャ |  2007.01.30(火) 19:13 |  URL |  【コメント編集】

■おぉぉ、高尚な雰囲気~

ハチャさん、こんばんは~

ハチャさんの考察、これまた面白かったです(除・私のトコ^^;)
分類の定義って、こうしてみると全て曖昧だったのですね~
考えてみれば、きっちりと定義づけられるものって、数学とか法律の世界だけかも・・・?

ハチャさんの楽器、そんなに古いものだったのですね!
音色を是非聴いてみたいな~~♪
どんな音なのでしょう・・・渋い音がします?(想像中)

そうそう、電卓の電池が切れる寸前の脳死状態なら見たことあります。すごいデタラメな計算して、息も絶え絶えになって・・・壮絶な最期でした(笑)

ヴァイオリンの最期・・これも興味深いですね~
ハチャさん、冴えてる~~
ゆみ |  2007.01.31(水) 22:10 |  URL |  【コメント編集】

■雰囲気だけ

e-4:どちらが高尚でしょうか?
e-1411億円(楽器)×0(技術)=0
プロe-1415万円×100=500万

>音色を是非聴いてみたいな~~♪
開放弦だけでいい?(笑)
って、どうしたら音がアップできるのか分かりませ~ん。
その前に、我が家には録音装置がラジカセと留守電しかないのですが…。
ハチャ |  2007.02.01(木) 10:45 |  URL |  【コメント編集】

■音アップ

ハチャさん、こんにちは~

音アップの方法ですが、私の場合はICレコーダーで録音して、それをPCに取り込んで(最近はSDカードのもあるようで便利になったみたいです)、mp3変換ソフトで変換してサイズを落として、・・・・・

で、そのあとが問題~~
私はyahooブリーフケースに保存してそこにリンク、という方法をとったのだけど、これがうまくいかなくて。

私もどなたかに教えて頂きたいと思っています。

あと、ココログやシーサーブログだと音楽ファイルも簡単にアップできるようです。

そうそう、ICレコーダーをお求めになる場合は、最初からmp3で保存できるものがベストみたいですよ~~

参考までにお知らせしましたが・・・いまだに自分でもよくわかっていません。なはは(~_~;)
ゆみ |  2007.02.04(日) 16:19 |  URL |  【コメント編集】

■ゆみさん、ありがとう

発表会の練習用に姪にピアノ伴奏を録音してもらったことはあるけれど、カセットテープでした。
自分の演奏を録音しようと思ったこともないし、ましてやPCに入れることなど考えもしませんでした。

で、私にもバンジーしろと?
じっくり検討してみますe-282
ハチャ |  2007.02.05(月) 00:33 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは♪
記事、すてきですね。

それにしても渦巻きが魅力的。きゃしゃな・・・。
二コラ・ガリアノとジュゼッペ・チェルーティの中間な感じ。珍しいですね~。(私が知らないだけですが。)
例の本(うかつなる紹介文の・(笑))参照してどの系統かなぁなんて、見ていました。
先日からいろんな渦巻きを見すぎて目がまわっています。
(@_@;)

録音・・・がんばってください。
葉月 |  2007.02.05(月) 22:58 |  URL |  【コメント編集】

■ロックオン

渦巻きにロックオンされた葉月さんの照準器はなかなか精度が高いようですね。
正解はジュゼッペの息子エンリコ・チェルーティです。v-340
いや~、お目が高い。賞品をどうぞe-72v-25v-216v-274

私のロックオンは…照準器がないのでv-355
ハチャ |  2007.02.06(火) 11:21 |  URL |  【コメント編集】

■当らずといえども

かなり迫りましたね!!鼻高々v-16v-218
それにしてもキレイな・・・。・・・歴史を感じます。きっと白タイツの方が使っていた?
面白いことに私が今使用中の量産伊太利亜楽器にエンリコの文字が。多分工房の名ですが。似ても似つかないですから。ぜんぜん~、
葉月 |  2007.02.09(金) 14:58 |  URL |  【コメント編集】

■鑑定書

正直、コメントに「チェルーティ」の文字を見た時には驚きましたよi-5
鑑定書がないので、葉月さんに鑑定書を書いてもらおうかな?

「エンリコ」って名前はイタリア人には多そうな気がしますね。有名な製作家でも、この名の人が数人いますものね。

ハチャ |  2007.02.10(土) 00:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。