2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.12.19 (Tue)

「のだめ」

このドラマや漫画については多くのブログで取り上げられており、竹中直人演ずるミルヒー以外は概ね好評のようです。
それをわざわざ取り上げて書く心算などなかったのですが、昨夜(12/18)の放送分で気になったことがあるので…。

普段、連続ドラマを見ることはないのですが、この「のだめカンタービレ」だけは見ています。
原作は読んでいますのでストーリーは知っていますが、バックに流れる曲を楽しみに見ています。というより、殆ど曲名当てクイズ状態で見ています。大半は知っている曲ですが、なかなか曲名が思い出せなかったり、初めて聴く曲であったりもします。

昨夜の放送では、曲名を思い出せなかったのがブラームスの「パガニーニの主題による変奏曲」。パガニーニの名前までは浮かんできたのですが、あとが思い出せませんでした。
モーツァルトの曲であることは分かるのに、聴いたことがあるような無いようなのが「ヴァイオリン協奏曲第1番」でした。CDを持ってはいますが、あまり聴くことがなくて記憶に残っていないようです。

ちなみに、ここでバックに流れる曲が分かります。

http://wwwz.fujitv.co.jp/music/nodame/index.html

http://www.geocities.jp/nodame_drama_music/

このモーツァルトが鳴っているときに、気になることが起こりました。
すなわち、コンクールの2次予選が終わって、千秋からのだめへのメールが12月13日。それに対するのだめの返信メールが12月9日。
日時が逆行しています。ここで引っ掛ってしまいました。

千秋からのメールは、コンクールの2次予選が収録された日、横浜のフィリアホールで撮影されたようです。これは公式サイトのトピックスから推測されます。

http://wwwz.fujitv.co.jp/nodame/index.html

千秋がメールを見た並木道は所沢ですが、これは先立つ9日に撮影されたのでしょう。

http://loca.ash.jp/info/2006/d200610_nodame.htm

このあとCMが入り、直後にメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」が流れるなか、歩いている千秋が手に持っているのはサラサーテの楽譜。
曲名は確認できなかったのですが、指揮者がサラサーテを手にしているのはおかしいでしょう。尤も、「ツィゴイネルワイゼン」や「カルメン幻想曲」の可能性もあります。あるいは、ノートの表紙だと言われれば仕方ありません。

これはR☆Sオーケストラの練習時、千秋が指揮台に置いたベト7の楽譜の上にもありました。
コミックスは第16巻を残して他は人にあげてしまったので、原作がどうであったのか確認のしようがないのですが。

些細なことですが、今までにもこのようなことがあると視聴意欲を失い、止めたことは何度かあります。あと最終回を残すのみなので見るとは思いますが。
ともあれ選曲が良くて楽しめるドラマだけに、もう少し細かいところに気を使って欲しいと思いました。
来年1月11日から始まるアニメは大丈夫だと思いますが。

テーマ : のだめカンタービレ ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  観る  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■こんばんは★

 こんばんは♪『のだめ』は一度見ましたが、エンデイングタイトルのラプソディ・イン・ブルーの改悪ぶりにビックリしてそれ以来見てません。
 ムラヴィンスキーの『交響詩曲』はSCORA CLASSICSのエフゲニ・ムラヴィンスキー・エディション1 CDNO.scoracd011と言うCDで聴きました。
 なんか幻の初演時の音源!という触れ込みでしたが、実際には初演前後のスタジオ録音の様です。
 改訂前の原典稿なので、『あれ?』と言う部分がけっこうあります。 1947年の録音ですが音質的にも十分耐えます。
雅 連星 |  2006.12.20(水) 01:42 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとうございます。

確かにあのガーシュウィンは酷いですね。でも本編だけで、エンディングも予告も見ないので余り気にしていません。

ムラヴィンスキーの『交響詩曲』、ありがとうございます。早速探してみます。
ハチャ |  2006.12.20(水) 13:59 |  URL |  【コメント編集】

■私も・・・

>今までにもこのようなことがあると視聴意欲を失い
細かいところでも、おかしなところがあると一気に醒めてしまうことがありますね。
特に、自分の仕事に関係する業界のドラマとかだったりすると、明らかに実際と違うような設定があったりして見る気になりません。
のだめも、楽器を弾いている様子など、実際に弾いていないことは明らかですが、できるだけ違和感がないように頑張っているようには思います。
指揮者の指揮はともかく・・・(苦笑)
c-tail |  2006.12.20(水) 22:35 |  URL |  【コメント編集】

■製作期間

コンクールの観客募集やオケのエキストラ出演者のブログから判断すると、収録日から放映日までの期間が短いようです。きっと製作現場はバタバタしているのでしょうが、製作期間の長短と内容は別ですからね。

>実際に弾いていないことは明らかですが、できるだけ違和感がないように
清良の弓が斜めに滑っていたことがありますが、(多分)楽器演奏の経験がない役者がやることですから、まぁ大目に見ることも出来ますね。
映画「ミュージック・オブ・ハート」でメリル・ストリープが見事にヴァイオリンを弾いてい(るように見え)ましたが、2ヶ月間猛特訓したそうです。これも製作期間によりますね。

>指揮者の指揮はともかく・・・
でも指揮者は目立つだけにねぇ、もうチョット…。
学生オケを聴きに行くと、あんな感じの指揮をしている学生指揮者もいますけどね。(笑)
ハチャ |  2006.12.21(木) 15:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。