2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.28 (Tue)

文楽

20070317233614.jpg

久し振りに文楽を見たような気がします。
年に1~2回しか見ませんが、前回が昨年11月の「本朝廿四孝」で1年振りなのですが、もっと間が空いていたような気がします。

私は世話物より時代物のほうが好きなのですが、みどり狂言は見ることがなく、通し狂言しか見には行きません。オペラやバレエも同様で、ガラ・コンサートなどに出かけることはありません。
でも、時代物の通し狂言は上演時間が10時間余りに及び、1回で見るのは大変で、最近は前後編2回に分けて足を運んでいます。

例年1回か2回の通し狂言があるのですが、今年はありませんでした。新春公演は「妹背山婦女庭訓」でしたが、これも通し狂言ではありませんでした。
吉田玉男さんが昨年体調を崩され休演が続いていましたが、先日お亡くなられました。このことが影響していたのかも知れません。

このままでは今年は文楽を見ることなく終わりそうなので、11月公演に出かけました。
今回の演目は「心中天の網島」ですが、世話物は「曽根崎心中」と「冥土の飛脚」しか見たことがありませんでした。

心中物の人気とともに心中が流行り、「心中天の網島」の初演(1720年)の3年後に幕府が「心中禁止令」を出しています。
見ながら思ったのは、毎日のようにニュースに取り上げられている「いじめによる自殺」も一種の流行ではないかと…。

話が違った方向に行きそうなので、ここで止めることにします。

【More・・・】

--------------------------------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
アレンスキー:  ピアノ協奏曲、ロシア民謡における幻想曲
ヴェーベルン:  パッサカリア
ハチャトゥリアン: ピアノ協奏曲
ハンソン:    交響曲第2番「ロマンティック」
ボルコヴィック:  ピアノ協奏曲第2番
ボルトキエヴィチ:ピアノ協奏曲第1番

テーマ : 文楽 ジャンル : 学問・文化・芸術

00:00  |  観る  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■流行は作られる

流行は作られるものですからね~。
報道の量と社会的実数とも必ずしも一致しないでしょうし。

それはともかく、文楽は10年ほど前に一度見るチャンスがあったのですがそれを逃してしまい、結局見ずじまいです。
次に見る機会はなかなか無さそうです。
c-tail |  2006.11.28(火) 22:06 |  URL |  【コメント編集】

■流行?

岡田有希子さんが自殺した時も、同じでしたね。私には理解できません。

文楽は年2回地方公演していますが、来年3月の公演は福島ではないですね。今年3月と昨年10月にはあったのですが…。
東京や大阪では2~3週間の公演ですが、他では1日だけですから日時の都合が合わないと難しいですね。
ハチャ |  2006.11.29(水) 00:47 |  URL |  【コメント編集】

上映時間が10時間って凄いですねえ・・。
私は映画ですら2時間くらいが限界なので辛そうです。

ちい |  2006.11.30(木) 22:00 |  URL |  【コメント編集】

■今までの

最長は10時半開演で、終演が9時半を廻っていました。途中、前後半の入れ替えや昼食・夕食の休憩時間もありますが、さすがに腰が痛くて痛くて…v-292そうでした。
演者は交代しますが、客はそうはいかないですからね。リクライニングのソファにしてもらわないと付き合いきれません。
以後は土・日に分けて見ています。

ベートヴェンの交響曲チクルスを1日でやっても、(行きませんが)聴き通す忍耐力は出来ますね。
ハチャ |  2006.12.01(金) 00:26 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。