2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.02.27 (Mon)

2月のレッスン

今月からスタートした曲なので、譜読みが中心である。
今使っている楽譜は、ダヴィド・オイストラフの校訂によるもので、私には無理な指使いが当然のごとくいっぱいある。先生が私にもできそうな指使いを考えてくれるが、それでも難しい。

速いパッセージにおける、移弦を伴うポジション・チェンジ。
三連符もある中で、1小節内に5回ものポジション・チェンジ。
1の指に♯や♭が付いたポジション・チェンジ。

弾いている途中で、自分の指が何処にいるのか分からなくなってしまい、次にどの指を押さえればよいのか…。
もっと楽な方法がないものかと色々試してみるが、最後は先生の指使いに落ち着いてしまう。先生が幾つかの案を示した箇所だけが、自分で選択できる。とは言っても、これさえも決めるのに、2日も、3日もかかってしまう状態である。

頭の中で考えていると、曲が先に進まない。しかも、頭を使うのはこれだけじゃない。リズム、音程、強弱、弓使いもある。
できの悪い頭で、これだけのことを瞬時に出来るわけがない。結局のところ、指が覚えるしかないのか。譜読みが終わると同時に、暗譜もできてそうだ。

アンダンテだからと第2楽章からスタートしたのに、これでは先が思いやられる。

【More・・・】

----------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
キクタ:          ハープ・ソナタ第2番「Bylina's Scale」
サッリネン:       交響曲第4番
サンマルティーニ(G.B):交響曲変ホ長調
ショスタコーヴィチ:   アイネ・クライネ・シンフォニー、弦楽器と木管楽器のための交響曲、室内交響曲ハ短調
ショーソン:       交響曲変ロ長調
ダイソン:        交響曲ト長調
ノルドグレン:      交響曲第2番、交響曲第4番
ハンソン:        交響曲第1番「ノルディック」
マニャール:       交響曲第1番
マルッティネン:     交響曲第1番、交響曲第8番
モーラン:        交響曲ト短調

レッスン・メモ
[第2楽章:28~70小節]
61~64小節:上昇音形における指の位置に注意
70小節:アップボウでクレッシェンド

練習メモ
[第2楽章:28~80小節]
78小節:付点四分音符の長さを維持する

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。