2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.30 (Sat)

9月のレッスン

今月は発表会があったこともあり、出演する人からは「ハチャさんは出ないから楽ねぇ。私なんか必死よ。」などと何度か言われました。
しかし、先月振り出しに戻った感のある私も、ある意味必死でした。

ゆっくり丁寧に復習い直した結果、それまでやや遅めにしか弾けないでいた箇所もインテンポで弾けるようになり、弓も大きく使えるようになりました。ただ、前々から指摘されていた2箇所は、気を弛めると直ぐに崩れてしまうので注意するようにとのことで、第2楽章冒頭からの70小節を終えました。

そして続く最難関部は問題山積。音程、テンポ、リズム全てに注意が入る。
7連符は均一のテンポと位置移動後の音程。
6連符では位置移動するたび同じ音に音高差がある。
32分音符での半音と全音の指の開き具合。
16分音符ー6連符ー32分音符ー6連符ー16分音符ー3連符ー8分音符ー4分音符のスムーズな流れ。

アンダンテで32分音符ということは、一つのオタマジャクシが約0.119秒。
つい先日まで♪=1拍でメトロノームに合わせて練習していて、今ようやく四分音符で一番遅いテンポに何とか合わせられるようになったところ。一つのオタマジャクシが0.187秒。
100m走の選手が100分の1秒に苦しんでいるのがよく理解できます。

【More・・・】

----------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
シチェドリン:   古いロシア・サーカスの音楽(管弦楽のための協奏曲第3番)、ピアノ協奏曲第2番
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番、ピアノ協奏曲第2番
ブルッフ:     ヴァイオリン協奏曲第1番、スコットランド幻想曲

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■ブルッフのコンチェルト

私はレッスンを受けてもいませんが、毎日必死です(笑)。上達しないなぁ・・・と思いながらも、同じ箇所を1ヶ月くらい練習していると、いつのまにか前よりはマシになっているようです。

人に聴かせられるレベルまで上がって行くかどうかはまた別の話ですが、それにしたって、前よりマシにしていくのを続けていくほかないのでしょう。

ブルッフのvnコンチェルトはいずれ弾いてみたい曲です。いずれ弾いてみたい曲は結構たくさんあるのですが、そこまで到達するのはいつのことになるやら・・・
c-tail |  2006.10.01(日) 18:37 |  URL |  【コメント編集】

■タイムリミット

c-tailさんのように、独学で毎日必死になるだけのテンションを維持されているのは凄いと思います。
発表会のように期限が切られると自然と必死にもなりますが、タイムリミットがないと気が緩み易いし、つい先送りになりがちです。

ブルッフ(第1楽章だけ)は発表会で2回聴いたことありますが、さほど難しくはなさそうですよ。と言ってもトリを飾るレベルではありますが。
ハチャ |  2006.10.02(月) 14:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。