2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.29 (Tue)

8月のレッスン

先月練習していたところは無事通過し、8月に入って第2楽章最難関の部分に差し掛かっていました。盆休みでもあり、最難関の練習にはちょうど良いと思っていたのですが、この長い休みが意外にも曲者でした。

出かける予定もなかったので練習時間は充分に取れ、怪しいところはあるものの難関もそれなりに弾けるようになって、早くレッスン日が来ないかと思うほどでした。しかし、盆休みが終わっても次のレッスンまで一週間以上あり、同じところばかり練習していても面白くないので先へ進んでみたり、他の曲で遊んだりしていました。

ところが、久々のレッスンは予想に反して難関部からではなく第2楽章の先頭から始まり、4ポジから6ポジへの移動でストップが掛かる。すでに先月通過した箇所でした。
4ポジから6ポジに移動した最初の音は取れているものの、次の音で音程がズレているとのこと。6ポジに移動した時に肘の入り方が甘く、左手の形が出来上がっていないことが原因らしい。

3ポジでは6ポジまでの移動距離も長く、左手はネックを握っているだけの状態なので肘を入れる余裕がある。しかし4ポジでは移動距離が短く、すでに左手がヴァイオリン本体に触れていることもあって、移動した時に肘の入り方が甘いようである。

その後に続く増2度も指が充分に開いておらず、増2度になってしまっている。

レッスンはこの2箇所の修正に終始し、先月OKになったはずの最後までも辿り着きませんでした。

【More・・・】

----------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
アーノルド:  2台のピアノ(3手)のための協奏曲、独奏ハープのための幻想曲
石桁真礼生:筝独奏による黙示
ヴィオッティ:  ヴァイオリン協奏曲第22番
ヴェラチーニ: 序曲第1番
カスキ:    前奏曲、トロルのタップダンス
タンスマン:  子供のために
新実徳英:  青の島(おうのしま)
三木稔:   筝双重(ことふたえ)
ロッシーニ:  弦楽のためのソナタ第1番

レッスン・メモ
[第2楽章]
4ポジから6ポジへの移動では肘をより中に入れる
増2度では指を大きく開く

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■お疲れさまです

レッスンお疲れさまです。意外に逆戻りでしたね。
しかし、最難関部分を一旦まとめておいたことは次に生きてくるのでしょう。

ハイポジションのG線、D線は肘を入れるのが疲れます(疲れるという時点で練習不足をさらけだしていますが・・・)。

ところで、文体を常体から敬体へ変えられましたね。
私も以前常体で書いていましたが、途中から敬体になりました。
c-tail |  2006.08.29(火) 22:19 |  URL |  【コメント編集】

■レッスン直後は

先生に指摘された箇所を修正することに集中していますが、一応自分なりに出来た思うと練習に身が入らないですね。
レッスンは月に3回ですが稀に3週間空くときがあり、今回はオマケに盆休みもあって時間を持て余していました。後半は遊びモードになってしまって、それが逆戻りの原因となったようです。気を抜いてはいけませんね。

肘を入れるのは5ポジが登場してから言われ続けています。A線やE線でも。

この曲を再度弾く時のために注意点を記録しておこうと始めたブログなので、読んでくださる方がいらっしゃることを想定していませんでした。しかし、時間と共に多くの方がお見えになり、このままでは失礼ではないかと気になっていましたので。
特にいつもコメントをくださるc-tailさんには。有難うございます。
ハチャ |  2006.08.30(水) 00:07 |  URL |  【コメント編集】

■音律

ふと思ったのですが、ヴァイオリンを弾くとき、純正律や平均律などいくつかある音律の中でどれを使っているのでしょうか。ひょっとしたら、音律を意識するのではなく、響きが最も美しくなるように音程を決めるのでしょうか。

以前、どこかのサイトで、様々な音律に基づく音階を聞いてみたところ、私には違いが分かりませんでした。微妙な音高差を聞き分ける能力がないと、音楽を楽しめないわけではないにしても、ちょっと悲しいような気がします。
アル中のトスカ兄さん |  2006.08.30(水) 01:32 |  URL |  【コメント編集】

■私の場合は

(間違っていても)平気律ですが、ふつうは純正律ですね。

「千住真理子さんは1Hz違っていても気になる。」と本で読んだ覚えがあります。ここまで耳が良いと、都会は不協和音だらけで暮らし難いだろうと心配しています。
もっと微妙な違いがわかる人は、純正律のヴァイオリンと平均律のピアノが奏でるヴァイオリン・ソナタも不協和音の連続に聞こえるのでしょうね。

今夜にも音感についての記事をアップする予定です。お楽しみに。
ハチャ |  2006.08.30(水) 10:33 |  URL |  【コメント編集】

■すごいなー

単純な感想で申し訳ないですが、
ハチャさんはたくさんの曲を、たくさん練習していて
すごいなぁと思います!v-14
おさかな♪ |  2006.09.04(月) 20:59 |  URL |  【コメント編集】

■勘違い?

おさかな♪さん、いっぱい並んでる曲は聴いた曲ですからね。サイト名にあるように、弾くことに比べれば聴くのは容易です。

おさかな♪さんのほうが、あちこちオケを掛け持ちで多くの曲を弾いてるでしょ。出来ることなら私も仕事を辞めて、音楽に専念したいですよ。おさかな♪さんが羨ましい。
ハチャ |  2006.09.06(水) 00:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。