2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.07.12 (Wed)

疲れ

このところ、ヴァイオリンを弾いていると疲れがひどい。

最近になって、楽譜のオタマジャクシが線上にあるのか、線間にあるのか判りづらいときがある。新聞が読めないほどではないのだが、数年前から地図の細かい文字が読みづらいと感じることは時々あった。老眼の兆しだろう。

教則本は音符が大きく、間隔も広くて読み易く書かれているが、一般の楽譜はそうとは限らない。大曲になればページの変わり目が伴奏部分になるように、適当に間隔を広げたり狭めたりされている。そのため十六分音符や三十二分音符が狭い範囲に、押し込められるように書かれていたりもする。
しかし、ヴァイオリンを構えていると譜面との間に一定の距離が必要で、顔を寄せて見ることも出来ない。必然、目を凝らし、譜面を睨みつけるようになってしまう。

練習するのは夜であり、昼間パソコン相手の仕事に疲れた目で譜面を見るのだから、なお読みづらい。ひどいときには30分もしないうちに目が疲れ、弾く気力も萎えてしまう。
早く暗譜しなければ。それともメガネを作るべきなのか。

もう一つ疲れるのが足である。
オーケストラ主体で弾いている人には、座って練習している人も多いようだが、私は立って練習している。

習い始めの頃は姿勢の問題もあって立って練習しいていたし、レッスンでも立って弾いている。そのまま当然のように立って練習してきたし、疑問も抱かずにやってきた。
アンサンブルに参加にしてからは時々座って弾くが、これは曲がほぼ完成し、人前で弾くときのための練習としてである。

昼間立ち仕事をしているわけでもない。いや、大半は椅子に座ってのデスクワークである。にも係わらず、1時間も弾いていると足底が疲れてくる。座って休憩してみても、5分や10分でどうなるものでもない。

先日、あまりに疲れがひどいのでフット・マッサージに行ったら、自覚症状はなかったのだが、ふくらはぎもかなり疲れていた。歩き続けることには自信があるのだが、立ち続けることとは別である。
座って練習したほうが良いのだろうか? しかし、ハチャトリアンは座っては弾きにくそうだ。

さらに今月は決算月で忙しく、気分的にも疲れる。

【More・・・】

----------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
アルベニス:     ナバーラ
アルベニス(M):  ピアノ・ソナタ
石井真木:     ピアノ曲ー北・銀・夜(冬)-
伊福部昭:     協奏風交響曲
ウストヴォルスカヤ: ピアノ、弦楽とティンパニーのための協奏曲
カスキ:        前奏曲、トロルのタップダンス
コルンゴルト:     2つのヴァイオリン、チェロ、左手ピアノのための組曲
シュミット(フランツ):左手ピアノのためのピアノ五重奏曲
スカルソープ:    弦楽四重奏曲第8番
武満徹:       テクスチュアズ
チマローザ:     ピアノ・ソナタ第1番~第88番
外山雄三:     子守唄、交響詩「まつら」、沖縄民謡によるラプソディー、管弦楽のためのラプソディー
フォーレ:       ピアノ五重奏曲第1番、第2番、ピアノ四重奏曲第2番
ボロディン:      交響曲第1番、だった人の踊り
メトネル:       忘れられた調べ第1集~回想ソナタ
メラルティン:     高みにて、蝶のワルツ
モーツァルト:     ピアノ・ソナタ第2番
モンサルバーチェ:  イヴェットのためのソナチネ
モンポウ:       ショパンの主題による変奏曲
ラヴェル:       ピアノ三重奏曲
ル・ルー:       クラヴサン組曲第1番~第7番

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

楽器演奏は座りながらだと、表現がしずらかったりしますよね☆
体全部で表現しようと思ったら、たってのほうがいいのかも^^
ピアノ弾きながらでも、ああ~椅子が邪魔!と思うことがありますが、椅子なくしてピアノは弾けませんからねェ・・・えへへ。

Tbは片足を軸にして、吹いていたかなぁ~。

あっ。それと、眼鏡。
つくったほうがいいんじゃないかしら??笑
hime |  2006.07.12(水) 22:08 |  URL |  【コメント編集】

■お疲れさまです

私もこのところ仕事がとても忙しく、疲労が蓄積しております。
ふくらはぎが張ってくる感じがしますよね~。
私も立って練習派です。座って練習はしたことがありません。
フットマッサージは気持ちよさそうですね。私も独身時代はよく行っていたのですが、結婚してから行かなくなりました。
久しぶりにフットマッサージ、行きたくなりました・・・
c-tail |  2006.07.12(水) 22:21 |  URL |  【コメント編集】

■立って弾くピアノ

と言えばボディを叩く、弦を直接はじく、プリペアド・ピアノなどがあるけど、himeさんは現代音楽向きかな?(笑)
管楽器も呼吸のことを考えれば、立って吹くほうがいいでしょうね。

ヤッパリ眼鏡は作ったほうがいいですかね。でも習慣がないので、掛けると鬱陶しいんですよね。しかも、これから進行する可能性もあるし。
ハチャ |  2006.07.13(木) 00:09 |  URL |  【コメント編集】

■c-tailさんも

このところお帰りが遅いようで。にもかかわらず、ヴァイオリンとピアノの練習に楽典の勉強と、恐れ入ります。

ふくらはぎは余り感じなかったのですが、意外と疲れてるんですよね。でも、足底の疲れが一番耐えられないんですよ。

初めて座って練習したときは中途半端に足を開いていて、ダウンボウで弓先になると手が足に当たって弾けませんでした。
コンマスなんか思い切り足を開いてますものね。コンミスは仕方なしに閉じているのかな?
ハチャ |  2006.07.13(木) 00:20 |  URL |  【コメント編集】

■足マッサージ

デスクワークの人は仕事で足を使ってないけど、不思議と結構疲れるみたいです。私は朝に夜に夫の足マッサージをしてあげてますよ。足の裏からふくらはぎ、太股まで、もう、何年も日課です。なので、ハチャさんも奥様にマッサージして貰っては如何でしょうか?
Hiroko |  2006.07.16(日) 16:22 |  URL |  【コメント編集】

■離縁

ただでさえ練習の音がウルサイと追い出されたのに、マッサージなんか頼めば、ヴァイオリンをやめるか離縁の二者択一を迫られますよ。
Hirokoさんのご主人が羨ましい!

来世はHirokoさんにプロポーズします。(笑)
ハチャ |  2006.07.17(月) 18:19 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。