2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.30 (Fri)

6月のレッスン

5月に続いて残りも比較的順調に進み、取り敢えず第2楽章の最後まで到達した。とはいっても、譜読みが終わった状態である。

校訂者(ダヴィド・オイストラフ)は音色・音質を重視しているようで、一つのフレーズが続いている限り一本の弦で弾く指使いになっている。その結果、ポジション・チェンジの回数が多くなり、1小節内で5回もあったりする。
ポジション・チェンジが多くなるにつれ音程がズレる可能性も高くなり、ポルタメントが目立ったりもする。これを避けるために、他の弦も使って指使いを変更した箇所が多々ある。

いざ変更するとなると指使いも何通りも考えられる。比較的楽に弾ける指使いで、校訂者の意図を尊重して決定する。
これが意外に辛い作業であった。一つを除いては捨ててしまう指使いなのだから。

まだ充分に弾きこなせないから音質がおかしいのではないのか?
ポジション・チェンジがしっかりできれば、この方が音色がいいのではないか?
前後のフレーズと繋いでこの指使いでも可能だろうか?

こんなことを考えながら、一つのフレーズを何種類かの指使いで、何度も繰り返して弾く。一つのフレーズに2~3日掛けて決めたこともあった。
ただ、作曲者がsulGと記した箇所だけは、これを守ることにした。とはいっても比較的容易であり、多少のポジション・チェンジを変更しただけである。

こうして5ヶ月が過ぎた。すでに初めの方では指が滑らかに動かなくなっているフレーズもある。
第2楽章全体を通して、多少なりともスムーズに弾けるまであとどれくらい掛かるのだろう?

【More・・・】

----------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
アルチュニアン&ババジャニアン:2台のピアノのためのアルメニア狂詩曲
ハチャトリアン:          バレエ「ガイーヌ」抜粋、組曲「仮面舞踏会」、バレエ「スパルタクス」抜粋
山田耕筰:           交響詩「曼荼羅の華」

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■お疲れさまです

順調に進んでいるのは良いですね~。

>すでに初めの方では指が滑らかに動かなくなっているフレーズもある。

そうなんですよね~。
最後の方が弾けるようになるころには最初の方を忘れてしまっていたりします。
練習時間がたっぷりとれれば最初の方からの繰り返し練習もできるのですが、なかなか・・・
c-tail |  2006.07.02(日) 10:18 |  URL |  【コメント編集】

■5ヶ月もかかって

譜読みですからねぇ、とても順調とは言えないですよ。

日に一度は最初から通して弾いていますが、次の楽章に移ると殆ど弾かなりそうです。全曲通して弾けるようになる頃には、またこの楽章を復習しなければダメでしょうね。
ザイツの2番、5番が全曲通して弾けるまでの長かったことを思い出します。
ハチャ |  2006.07.03(月) 14:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。