2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.05.31 (Wed)

特別授業料

レッスン室に入り、肩当を付け、松脂を塗って準備している時、社長が入ってきて、「何練習してるの?」
譜面台に広げた楽譜を指差しながら、「これ。ハチャトリアンのヴァイオリン協奏曲です。」
「ちょっと…」と言いながら、私の手からヴァイオリンと弓を取って弾き始めた。
上手い!!

この社長、チェロ暦50年以上で、プロのオケをバックにチェロ協奏曲を弾いたこともある人だ。が本職は楽器商で、プロオケの首席チェリストには知り合いも多いようである。
弦楽器には非常に詳しく、年に一度はヨーロッパへ直接買い付けに行っている。クリスティーズのカタログが置いてあったりするから、オークションにも参加しているかも知れない。
図書館で借りて読んだ、弦楽器の名器が載った本の執筆者一覧に名前があることも知っている。

趣味を商売にしているような人だが、ヴァイオリンも上手い。モーツァルトのヴァイオリン協奏曲程度は初見でも軽々と弾きこなす。さて、ハチャトリアンは?
少し遅めのテンポではあるが順調に進み、例の私が非常に苦労したところは…、飛ばした。
そこからは飛び飛びになって、しばらくして止める。
「難しいわ。先生、特別授業料もらいなはれや。」

すかさず、「先生にはCDをお貸しすることで、払ってます。」と切り返して、思い出した。
CDを7枚お貸ししたままだ。確か、ヴァインベルガー、カラーエフ、コーヌス、ブーニン、ミャスコフスキー、ミヨー、ローゼンフェルドの協奏曲の筈だ。カップリング曲は何だったろう?

そういえば、アンサンブル仲間のヴィオラ弾きにも貸している。チェロ曲ばかり楽譜と一緒に。
ここ3ヶ月ほど顔を見た覚えがないぞ。

なかなかCDの整理が終わらないではないか。

【More・・・】

----------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
金井喜久子:    母と子の沖縄の歌
シュミット(フランツ):左手のピアノのためのピアノ五重奏曲
ショスタコーヴィチ:  ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第2番
中川敏郎:     「茜のテーマ~Love Song」
パルムグレン:    ピアノ・ソナタ
プロコフィエフ:    ピアノ協奏曲第1番、ヘブライの主題による序曲
ベルク:        ピアノ、ヴァイオリンと13の管楽器のための室内協奏曲


テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■勘違い(笑)

こんにちは~。
最初、「社長が入ってきて・・・」というので、ハチャさんが練習のために近くに借りておられる会社の社長さんかと思いました。(笑)
それまで音楽の話とか全然していなかた知人が、突然、自分のヴァイオリンを手にとってモーツァルトのコンチェルトとかをさらさら弾き始めたらビックリですよね。(^^;;

趣味を商売にしているような、というのは大変うらやましい話です。
c-tail |  2006.06.01(木) 12:27 |  URL |  【コメント編集】

■より客観的に

確かに最初はどこの社長か判りませんね。コメントを読んで本文を直そうかとも思いましたが、そうするとc-tailさんのコメントが意味不明になるので、このままにしておきます。(笑)
一応読み直して間違いを訂正してからアップすのですが、その時点で頭の中に社長は一人しか存在していなかったですね。ご指摘ありがとうございます。以後、注意したいと思います。

この店で演奏会用にとヴァイオリンを探しに来られてた方が、差し出されたヴァイオリンでメンコンを弾き始めたので驚いたことがあります。この社長が慌ててオールドをもって来てました。
ハチャ |  2006.06.02(金) 00:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。