2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.31 (Sun)

第1回勉強会オフ(前編)

今まで参加したオフ会との大きな違いは、圧倒的に女性が少ないこと。
って、女性はフルフルさん一人でした。ほかは男性ばかりで、さん、しょこらさん、てるてるさん、の計5人。

事前に今回の課題曲の譜面を配布してありましたが、残りの楽譜と音源CDをまず配り、モーツァルトのアダージョをCDで聴きました。
モーツァルトは「グラスハーモニカのためのアダージョ」と「5つのディヴェルティメント」から抜粋された2曲をヴァイオリン三重奏に編曲したもの。テレマンは「ターフェル・ムジーク」から5曲を抜粋編曲したものです。
モーツァルト、テレマンとも音源はオリジナルのものしか見つかりませんでした。(ヴァイオリン三重奏によるCDは世界中探してもないようです。見つけた方、是非ご一報を

まずはモーツァルトのアダージョ、第3ヴァイオリンの譜面から。
ダウンボウで弾き始め、開放弦でも可能な音はビブラートをかけるため4指とし、同じフレーズは同様の指使い・ボウイングで。
元の指使いでは後半に2ヶ所ある3ポジを1ポジに変更し、スラーは同一弦で弾くことを優先して、この場合に限り開放弦で弾く指使いに。
たった28小節ですが話合って指使い・ボウイングを決め、全員で通して弾いてみました。
比較的易しく、事前に練習もされてるので案外揃って弾けてました。

第2ヴァイオリンにも3ポジが1ヶ所あるのですが、第3と同様に1ポジだけで弾ける指使いに変更しました。ただ、スタッカートでは4指を使わず開放弦で弾くことにしました。
第2も全員が揃って弾けてました。

第1ヴァイオリンは、上第3線のミが登場するので4ポジを使います。
冒頭2小節が3ポジで、次の小節で移弦して1ポジに、そして4小節目で再び移弦して3ポジに。この4小節のフレーズが姿を変えつつ全部で4回登場します。
フレーズ全体を1ポジだけで弾くことも可能ですが、スラーのかかったミの2分音符を開放弦で弾くことになるので、ビブラートをかけるためにも3ポジから始まっています。
私は1ポジに移る代わりに4ポジで練習してました。こうすることで左手の移動距離は少なくなるし、移弦もなくなるからです。

この点についてはかなり話し合いましたが結論は出ず、レッスンの折に先生に聞いてみるなど、次回への宿題となりました。
ひっきーさんに尋ねてみる案や、ブログに載せて意見を頂くなどの案もありました。
(そのうちフルフルさんがブログ上に楽譜をアップされると思います。フルフルさんお願いします。)

各自好きな指使いで第1ヴァイオリンを弾きましたが、まだポジ移動を習ってない人や習い始めたばかりの人もいて、上手く揃いませんでした。もちろん第2、第3に比べて難しいこともあります。

一通り終えたところで希望に沿ってパート分けをし、さらにパートの中で重音の上を弾く人と下を弾く人にわけ、いよいよ合奏の開始です。同時に各パートの音を聞く練習も開始です。
ここで一番安い楽器・指揮棒(500円)の登場です。

今までオフ会に参加して感じたことですが、誰かがリズムを取らないと合わせるのが困難です。
それを教訓に、無音のメトロノームに合わせて指揮しリズムを取りながら棒を振り、同時に各パートの音を聞こうという魂胆です。一人づつ交代で指揮したので、計5回合奏しました。
盲点だったのは、楽譜を見ながら弾いていて、指揮を見る余裕がないことです。そのため指揮とテンポが合わなかったり、鳴っている音に指揮が合わせることになったり・・・。

私は指揮してる人に代わってそのパートを弾いてましたが、指揮しているときは各パートの音がハッキリ分かりました。
第2や第3を弾いてるときは指揮してるときほどではないけど、節目では他のパートの音を聞き取ることができました。しかし第1では弾くことに集中力が注がれ、ほとんど聞く余裕がありませんでした。
結局、余裕の大きさが聞ける範囲を大きく左右するようです。第1も余裕を持てるように弾き込まねば。

他の人はどの程度に聞くことができたのでしょうか?
時間はここまでで2時間を大きく超えており、ひとまず休憩に。

【More・・・】

-----------------------------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
チャベス:   交響曲第1番「アンティゴナ」、同第4番「ロマンティック」
フォルクマン:セレナード第1番、同第2番、同第3番

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

勉強会オフお疲れ様でした。
アンサンブルだけでなく、美人でかわいらしいフルフルさんの奪い合いになっていたのでしょうね~♪男の子4人が火花を散らしていたことでしょう(^皿^)どなたがフルフルさんをGETできたのかしら…?(笑)

それにしても、指揮者付きのアンサンブルとは本格的ですね~♪
ヴァイオリン技術がぐんぐん上がりそうですね!!
砂季 |  2009.06.02(火) 23:26 |  URL |  【コメント編集】

■お疲れさまでした

こんばんは。
勉強会ではお世話になりました!

・・まず、横だけど・・
んもぉー 砂季ちゃんったらー 相変わらずですねえ(⌒∇⌒)
もう、そのお上手なことといったら・・ オドロキ桃の木山椒の木ぃ~
ホ~ントに、年齢詐称してない?ってくらいですヨーe-450
ぜぇーーったい、それって、あり得ませんよ~
ですよねー? ハチャさん^^
でも・・砂季ちゃんが来てたら、そうなってたかもねえーv-392

曲の題名は、何だかよく分かってなかったので載せてもらって助かります~
あと、それぞれのパートで何をやったかも、
私はそこまで把握してなかったので、これでやっと、判ったというか(^^ゞ

え? ブログ記事ですか。
えーと、、e-330もうすこし???先になるかもー
なんとか、次回までには、って思っていますけど(汗)

まずは、その前にハチャさんの記事を見せてもらって
参考にしようと思ってますので、宜しくです~^^

後半のアップ、お待ちしてまーすv-295
フルフル |  2009.06.03(水) 00:14 |  URL |  【コメント編集】

■お疲れ様でした。

お世話になりました。
音源探し、大変だったと思います。
各パートを全員で弾いて、確認するのはいいですね。

無音のメトロノーム合わせて、指揮する、
曲に合わせて指揮をする、
指揮に合わせて弾く・・・難しいですね。

弾いてるときも、第2、第3は他のパートの音を聴くことが出来たけれども、
第1だと、弾くので精一杯でしょう(^^;
f |  2009.06.03(水) 02:45 |  URL |  【コメント編集】

■砂季さんへ

どうでしょう、4人のオヤジ(1人は違うかな?)ですからねぇ。
変デルさんとカイザーさんに囲まれてる方が良かったかも知れませんよ~(笑)

>指揮者付きのアンサンブルとは本格的ですね~♪
指揮棒の振り方や指揮を見る練習をすることになろうとは思いもしませんでしたv-356
ハチャ |  2009.06.03(水) 12:55 |  URL |  【コメント編集】

■フルフルさん

今頃気付いたのですかぁ。
未成年と言いつつ酒席に参加したときから年齢詐称は始まってたのですよ(笑)

>曲の題名は載せてもらって助かります~
出典が気になる方ですねぇ。
お話ししてたスズキ教本の出典は今調べてます。(この件でメール送りました)

>え? ブログ記事ですか。
読者のご意見を聞くアンケート調査もありますので、次回には集計結果が発表できるようお願いします(笑)
ハチャ |  2009.06.03(水) 14:10 |  URL |  【コメント編集】

■fさん

指揮難しいですね。
振るのも、見るのも、合わせるのもe-293

他のパートの音が聴けるのは、やっぱり余裕の問題なのですねぇ。
余裕を持って弾けること、余裕を持って指揮できること・・・難しいv-356
ハチャ |  2009.06.03(水) 14:31 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。