2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.30 (Mon)

クラシック音楽ってなに?―その2

好きな曲にピアソラのバンドネオン協奏曲があります。
ピアソラの名を初めて聞いたのは高校生のときで、FM放送の「現代タンゴ」の特集番組だったと思います。
このとき放送された曲は覚えていませんが、「リベルタンゴ」だったかも知れません。ただ、バンドネオン協奏曲はまだ書かれていなかったと思います。

その頃聴いていた音楽はジャズ、ラテン、タンゴ、クラシックなどで、どちらかと言えばクラシックの比重は軽かったように思います。っていうか、ジャンルなんて意識してませんでした。
最もよく出かけたコンサートはタンゴで、クラシックのコンサートに出かけた記憶はほとんどありません。

クラシック音楽の世界でピアソラの名をよく耳にするようになるのは90年代ですが、私には違和感がありました。
でも考えてみると、1920年代にはガーシュインが「ラプソディー・イン・ブルー」を書いているし、ストラヴィンスキーなど多くの作曲家がジャズの手法を取り入れている。
最近では、ビートルズのポール・マッカートニーが「リヴァプール・オラトリオ」や「スタンディング・ストーン」を、ウェザー・リポートのジョー・ザビヌルが「ストーリー・オブ・ザ・ドナウ」を、EL&Pのキース・エマーソンがピアノ協奏曲(2曲)を書いている。

他のジャンルと結びつき、新たな手法を取り込み、舞台を拡大していく、この度量の広さはクラシック音楽の特徴なのでしょうか?
最近ではマラカス協奏曲やタップダンス協奏曲にビックリさせられ、そのカデンツァの凄さに驚かされたものです。

【More・・・】

-----------------------------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
ヴェレス:交響曲第1番、同第3番、同第5番、同第7番「流れに抗して」、同第9番

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

00:00  |  聴く  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。