2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.10 (Tue)

正統派クラシック音楽ファン

「ブログでこういうマイナーな曲を紹介すると『変人』的扱いを受けそうな予感..・がします。
私のブログに遊びに来てくださる方は◯◯さん以外は正統派のクラシック音楽ファンばかりですからね...」


あるブロガーから届いたメールの一部です。ここにある「◯◯さん」とは私のことではありません。
すなわち彼女は、私のことをを正統派クラシック音楽ファンとみてくれているわけです(?)。
とことろで、正統派クラシック音楽ファンってなに

彼女が「◯◯さん」を非正統派とするのは、聴くクラシック音楽が広範囲に亘り、かつ深く知っているからでしょう。
「◯◯さん」は音大でピアノを勉強していた人なので、楽曲分析の経験も積んでいるだろうし、深さは当然かもしれない。むしろ演奏の勉強していた人にしては珍しく幅が広い。

彼女のブログを訪れる人には、「この曲は誰某の何年の演奏が良い」と言ったタイプの人が多い。
運命や新世界のように100種類以上録音があるような超有名曲を、5枚や10枚のCDを聴いただけで云々する輩とは違い、相当量の枚数聴いているようです。
特定の曲、あるいは作曲家に関しては相当の知識をお持ちですが、限られた範囲のことであり偏りがあるように思えます。

なかには特定の演奏家ばかり聴く人もいますが、これも偏りがあると言わざるを得ないでしょう。
こうして消去していくと、残るのは音楽の授業で習った有名作曲家の有名曲を聴く人だけが残ってしまいます。
これが正統派クラシック音楽ファン
そんなわけない。ただの井の中の蛙だろう。

私には「◯◯さん」が最も正統派クラシック音楽ファンに近いように思えるのですが。

【More・・・】

-----------------------------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
グレグソン:  ロマンス
シャミナード: フルート小協奏曲
ヒルゴー:   北の協奏曲
フレンニコフ: 交響曲第1番、同第2番、同第3番
ブルックナー:交響曲第8番
ホルンボー: 交響曲第8番「北風の交響曲」
ラター:    クレア・ベネディクション

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

00:00  |  聴く  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。