2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.13 (Sun)

弓を持つ手

先日のオフ会で、フルフルさんがブログで紹介されていたBowmasterを持って来られていたので、どんなものか試させてもらいました。
持ってみると凄く違和感がある。
親指の位置が大きく違うのです。

私は親指がフロッグ(毛箱)に触れるように持っています。
もちろん親指の反対側はサムグリップに触れています。
そのため毛替えのときは、フロッグとサムグリップの間隔に注意して、毛の長さの調整をお願いしています。
今までこのような持ち方をしていて先生にも、工房でも注意を受けたことはありません。

ところで、Bowmasterを使うと親指がフロッグに触れることはありえません。
もしフロッグに触れてよければ、そのようなタイプのBowmasterも販売されていても良さそうなものです。
では、私の持ち方が間違っているのか?
実は数ヶ月前にとあるブログでこのことが取り上げられており、それいらい気になっています。

親指を完全にサムグリップに置くと、弓の重さが素直に弦に乗っているような気がします。
特に弓が垂直に近く重さの掛かりにくいE線や、E線とA線の重音に感じられます。
親指がフロッグに触れていると、弓でやや弦を押さえるような感じがし、音にも少し濁りがあるように思うのですが、これが素直で自然な発音になります。
でも弓の安定感が失われる感じで、特にG線やD線を弾くときにコントロールし難く思います。

どちらが良いのかと問われれば、音がよいほうに決まってますが・・・。
これで安定した音が鳴らせればいいのですが、時間が掛かりそうです。
気が付くと、しばしば親指がフロッグに触れています。

【More・・・】

-----------------------------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
エシュパイ:       交響曲第2番「光への賛美」、マリ族の主題による交響的舞曲
              ヴァイオリン協奏曲第4番
カール・シュターミッツ:協奏交響曲第11番、チェロ協奏曲第1番
フンメル:         弦楽三重奏曲

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■私どーなってたでしょ?

こんばんはv-342

出しっぱなしだったチェロの弓で(オイ)、バイオリン弓の持ち方をしてみました!
・・・^^;
あ、なんかやっぱ違うから、良くわかんない(汗)

私は、リンク先の方の、改善前のと同様の場所に親指を置くって習いました。ま、オケの先輩ですが^^;
今も多分、同じかなぁ?
フロッグには常にじゃないけど、触れていると思います。

楽器出さないで書いちゃった人・・・(汗)
だって夜も暑くて(爆)

弓の持ち方って、沢山あるみたいですよね。
(都市伝説か?)
レッスン行ける時が来たら、先生はよーく選ばないとですね。
とも |  2008.07.13(日) 22:47 |  URL |  【コメント編集】

■チェロは

ほとんど(全部?)フロッグに触れる持ち方みたいですね。
これは弦がほぼ垂直なので押さえる感じで弾くのかなぁ~って。
しかもこの方が弓をコントロールし易いし。

要は美しい音を奏でることさえできりゃ、どんな方法でもいいんでしょうが。
左手も美しく弾けるなら人差し指しか使わなくっても(笑)

サムグリップに置いて弾いてると、親指が痛くて仕方ないんですよ。
変に力が入ってるのか、そんなものなのか?
ハチャ |  2008.07.14(月) 00:51 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは。Bowmasterって初めて見ました。
自分がどう持っていたのかなー、と弓を持ってみましたが
私はサムグリップという場所に親指を置いているようです。
弓の持ち方とか、楽器の構え方とかって
諸説あるようですね。
演奏家もそれぞれスタイルがあるみたいだし……うーん。
ちなみに、今の弓は持っていると、毛の根元の金具?
みたいなところが爪のアマガワに当たって痛いです……

ちゃいむ |  2008.07.15(火) 15:55 |  URL |  【コメント編集】

■お久しぶりです♪

私もフルフルさんの記事で初めて知ったんですよ。
で、親指がフロッグに触れるBowmasterってあるのかな?、と探してみたけど見つからなかったので、持ち方間違ってるのかと・・・。

良い音が鳴らせればどんな持ち方でもいい気もしますが、フルールに甘皮が当たるのはどうでしょうね?
親指を入れすぎなのかも知れませんね。
ハチャ |  2008.07.15(火) 22:12 |  URL |  【コメント編集】

■持ち方

こんばんは、ちょっと遅れちゃったけど・・
もう一度、Bow masterを出して やってみていました。
構造自体がフロッグの上に、キャップみたいに乗っているので
フロッグに指を当てるのがムリになっているのですね。
無視してフロッグをもつと、今度は小指の位置が近すぎちゃいますしねぇ(汗)

弓の持ち方ですが、
私のブログのコメント欄でヴァイオリンの指導もなさっているtakuyaさんが
親指はサムグリップにのせるべき、とおっしゃっていたので
そういう持ち方の流派?もあるのかーと思っていたのです。
利点は弓が自由になることとおっしゃっていたような。
コメント欄では、色んな持ち方について話が弾んだのですけど
(スズキ派とそれ以外というカンジで)
弓の持ち方ってさまざまみたいですよね~

先生によっても、かなり変わりそうですね・・(ーー;)

追記:
今日(16日)の日記で、この記事へ リンクさせて頂きました。
事後報告でスミマセーン(^^;
フルフル |  2008.07.15(火) 23:05 |  URL |  【コメント編集】

私は、教えるときは、サムグリップとフロッグの間の木の部分!?にあたるように親指をいれるように教えてますが、前にアンサンブルをしてる際、指揮者の先生から言われて以来、バロックやモーツアルトなんかの曲で、軽いニュアンス(バロック時代のカンジをだす!?~うまく説明できませんが、、)もっと上、サムグリップよりも先端側!?を持って弾いたりもします。
ひっきー |  2008.07.16(水) 09:27 |  URL |  【コメント編集】

 私の先生からはひっきーさんと同じ持ち方(ハチャさんと同じ)を教わりました。
数ヶ月前に勝手に先端側を持つように変えましたけど 何も言われないのでええのかな?と^^;

 プロのDVD見てると 弾き方によって持つ位置変える人も結構見かけますねよ。  速いフレーズ弾くときに フロッグと巻き皮の間に小指が来てる位に持ち変えてるのも見たことあります。

 
のみや |  2008.07.16(水) 11:03 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは。
私もハチャさんと同じ持ち方を先生に教わりました。
Bow masterには、すごく興味があったのですが流派(?)が違うのですねー。
今夜あたり、サムグリップに親指を乗せて弾くやりかたも試してみようと思います。
美紀 |  2008.07.16(水) 12:43 |  URL |  【コメント編集】

■フルフルさん

フルフルさんのBowmasterはフロッグに当たる部分が盛り上がってますよね。
で、この盛り上がった部分がないBowmasterは販売されてないかと探してみたのですが、見つかりませんでした。
と言うことは、私の持ち方は間違っているのかと・・・。

>フロッグに指を当てるのがムリになっているのですね。
>無視してフロッグをもつと、今度は小指の位置が近すぎちゃいますしねぇ(汗)
フロッグに親指を当てる持ち方が間違いでないのなら、盛り上がってる部分だけ切り取って装着すれば、他の指も平行移動されるので問題は解決されますね。
説明書に、このような持ち方の場合は切り取ってください、って解説はありませんでした?

>親指はサムグリップにのせるべき
>利点は弓が自由になること
そう、確かに自由になるんですよね。
そして、発音も良くなります。
でも弓が自由に動き回りすぎて、飛ばす時やワンボウ・スタッカートでは弦によっては暴れ放題になりそうです(笑)

コメントも拝見しましたが、どなたもこのタイプ以外のBowmasterの存在には言及されてないですね。
ハチャ |  2008.07.16(水) 18:43 |  URL |  【コメント編集】

■ひっきーさん

>バロックやモーツアルトなんかの曲で、軽いニュアンス・・・
これ、分かるような気がします。
バロック・ボウの持ち方はどうなんでしょうね?

サムグリップに親指を置いて弾くと音が少し和らいだ感じに聴こえます。
テンポの遅い曲やロングトーンにも良さそうです。
でもE線ではいいのですが、低弦になるにつれコントロールし難くて・・・「G線上のアリア」は冒頭から弓ビブラートになりそうです(笑)
ハチャ |  2008.07.16(水) 18:56 |  URL |  【コメント編集】

■のみやさん

私は最初はサムグリップに親指を置いてたんですよ。
先生には人差し指や小指は注意されましたけど、親指については何も言われませんでした。
レッスン曲が徐々に難しくなるにつれ弓のコントロールも難しくなり、気が付けばコントロールし易い今の位置に親指が来ていた、というのが実情です。

>弾き方によって持つ位置変える人
そんな器用な真似は出来そうもないですね。
置くべき位置が決まってる左手さえままならぬ状況ですから(笑)
ハチャ |  2008.07.16(水) 19:09 |  URL |  【コメント編集】

■美紀 さん

こんにちは、いらっしゃませ。

>サムグリップに親指を乗せて弾くやりかたも試してみようと思います。
私もサムグリップに親指を乗せて練習しているのですが、慣れないせいか親指が痛くなってきます。
まだ変に力が入ってるのでしょうね。

あ~、でもぜひ試してみてくださいね。
音は良くなりますよ~♪
で「別れの曲」をアップして、持ち方の違いによる差をぜひ聴かせてください。
ハチャ |  2008.07.16(水) 19:23 |  URL |  【コメント編集】

■解説

ハチャさん 
解説というようなものは、なかったんですよー

これは、弦や松脂なんかで有名な Super Sensitive 社の商品なんですが、
ちいさな箱に入っていて、箱に書かれている説明がすべてなんです。
そこに取り付け方については書かれていたと思うんですけどねー

この簡略さ、
さすがに外国のものだなーって思ったんですよ(苦笑)
フルフル |  2008.07.16(水) 23:42 |  URL |  【コメント編集】

■やっぱり(笑)

「こんな(親指をフロッグにつける)タイプもあります」とか、「親指の位置に合わせて根元の部分を切ってお使いください」とあれば・・・って期待してたんですけど。

結局、サムグリップに親指を乗せて弾くのが正しいってことですかねぇ?
ハチャ |  2008.07.17(木) 10:12 |  URL |  【コメント編集】

■改めて整理してみますと

フルフルさんに呼ばれて参りました。(笑)

改めて整理してみると、フロッグの角に親指を入れるやり方と比べて、サムグリップに親指をあてる利点は、

・右手と弓のかかわりがより自由になる。
・わずかに弓先よりを持つことになって、弓先のコントロールが大幅に楽になる。
・弓の木部に親指(の爪)が当たっていると、長いあいだには弓本体を傷める(これは修復不能)が、その心配がない。巻き紙は消耗したら取り替えればよい。

といったところです。

で、これもフルフルさんのところで書きましたが、フロッグに親指を当てる唯一の利点は、初心者にとって一定の安定感があるということではないかと思います。

ハチャさんの、

> でも弓が自由に動き回りすぎて、飛ばす時やワンボウ・スタッカートでは弦によっては暴れ放題になりそうです

というのは、実際に拝見していない以上確実なことは言えませんが、むしろ手首のラインや肘の位置の問題が絡んでいるように推測できます。おそらく肘が下がり気味なのではないでしょうか。

takuya |  2008.07.17(木) 11:11 |  URL |  【コメント編集】

■わざわざ御出でいただきありがとうございます。

自分で弓をコントロールし易い持ち方を探すうちに親指がフロッグに触れる位置で落ち着いたように思います。
レッスン曲が難しくなるにつれE線の音に濁りを感じるようになり、E線では弓の重さが弦に乗りにくいため押さえつけているのだろうと、右手の脱力をに努めていましたが思うようにいきませんでした。(そのとき上述のブログ記事に出会ったのです)

今は親指をサムグリップに置いて練習しています。
でも、G線での安定感が・・・。
今レッスン中の曲でE線(ダウン)の後、G線でアップ、アップ、ダウンと続くところで苦労しています(苦笑)
取り合えずこの形に慣れるまでは頑張ってみるつもりでいます。
ハチャ |  2008.07.18(金) 00:44 |  URL |  【コメント編集】

■ひじでは?

はじめましてのご挨拶もまだでした。失礼いたしました。

お書きになっていることを読んで、いろいろイメージしてみたのですが、E線が濁る、押さえつけているのかも、ということから判断して、中弓から元弓にかけて、肘が手よりも下にあり、手首が手の甲を上にした「へ」の字の形になっているのではないかと想像しました。そしてG線に移弦したときにも肘が付いていっていないのではないかと。もしそれが当たっていれば、そのあたりを変えていけば解決しそうです。
takuya |  2008.07.18(金) 01:19 |  URL |  【コメント編集】

■両手指の中で

右手首やひじは最も意識していない部分ですね。
鏡を前にこの点を意識してボウイングの練習をしてしてみます。
どうも、ありがとうございます。
ハチャ |  2008.07.18(金) 19:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。