2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.30 (Mon)

基礎レッスン #11

【自主練習】
《新しいバイオリン教本・第1巻》

今回はお休み。


【レッスン】
《クロイツェル42の練習曲》ー第2番

16分音符4つの最初3つがスラーで最後がスタッカートの奏法(11番)。

スラー3つに対してスタッカート1つで弓を元の位置まで戻す必要があるので、意識的にゆっくりと弾きました。
注意を受けたのは、スタッカートでの距離が長い分弓が少し浮いている。
また戻すことを意識しすぎて、スラーでのディミヌエンドが疎かになっている。
この2点を注意して、後ろ3分の1を再度弾き、合格・・・・・かと思いきや、もう少し速いテンポでと次回へ持ち越し。
次回は13番の奏法も。

スタッカートでアクセントがついたように聴こえ、そのため上擦ったように弾いてしまうのですが、むしろスラーをしっかり弾く方が良いとのこと。
先生の弾くのを見て気付いたのですが、スラーの分だけ戻るのではなく、スタッカートで戻れる分だけスラーで弾くと良さそうです。
両方とも考え方が逆でした


モーツァルトヴァイオリン・ソナタ第34番》ー第1楽章
今回は弾くことなく、書き込んでいった指使いとボーイングを見てもらいました。

【左手】
無意識にポジ移動の少ない私の書き込みに対し、スラーを同じ弦で弾くように訂正されたのが数箇所。
移動後ポジションが移る場合は1回移動が増えるだけだが、元の位置に戻る場合はゼロが2回になるだけにチョット辛い気も・・・。
無意識に偶数ポジションを避け3ポジ→1ポジとしていた箇所を、(テンポの速い曲では)移動距離の少ない方が良いので、出来れば3ポジ→4ポジにと。
他にも、前後(特に後)の関係から何箇所かポジションの変更がありました。

弾いていて楽譜上に校訂者の意図がはっきり汲み取れることは、今までに何度もありました。
音楽を作り上げていく作業であるはずの校訂なのに、自分でやってみると如何に楽に弾こうとしているかが見えてしまいます。

【右手】
ここはダウンで、ここはアップでとハッキリ分かるところがあり、そこには記号を書き込んでいました。
しかし、弓なりに弾いているとボーイングが逆になるところが何箇所かありました。
休符があるところはそこで変えることが可能ですが、音符が続いているところは・・・。
スタッカートの連続でアップ→アップ、スラーの移弦箇所でダウン→アップなど、書き込んでもらいました。


入院が7月下旬にずれ込み、発表会の申し込み締め切り(7月末)が入院中になりそうです。
タイミングを考えると、発表会は難しいかも・・・モーツァルトはクロイツェルとの併用として続けますが。

【More・・・】

-----------------------------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
馬思聡:ヴァイオリン協奏曲

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。