2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.25 (Wed)

基礎レッスン #10

【自主練習】
《新しいバイオリン教本・第1巻》ー雨だれ

重音があり、弦に均等に弓の毛があたるようにと無意識に目がそちらへ。
ところが眼鏡を掛けているとそこがレンズの端っこになり、ぼやけて見えません。
顔をそちらへは向けられないので、仕方なくそのままの状態で弾いています。

見なくても綺麗に重音が弾けなくてはいけないのでしょうが・・・。
3重音、4重音のほうがよほど見ていません。
音数が少ない分どうしても音量のバランスに気を遣ってしまいます。

【レッスン】
《クロイツェル42の練習曲》ー第2番

16分音符8個の最初と後3つがスタッカートで、間の4つは2音ずつがスラーの奏法(8番)。
(そろそろ譜面を載せないと説明が複雑になってきた。)

引き始めると直ぐ、スラーのディミヌエンドに注意が。
冒頭の小節を3~4回繰り返し練習した後、一気に最後まで。一発で合格

注意点は右ひじが後に引けていることと、最後の方にあるA線2ポジでファが高くなっていること。
半音で3指4指をくっつけて置けてないことが原因です。
でも、音程の注意がここだけなのは初めてかも?
右ひじも3指4指も意識していれば出来るのですが、奏法が複雑になったりテンポが速くなると意識がそちらに向いてしまって忘れがちになります。


実はレッスン前に私から発表会について話しました。
このため時間切れで、やり直しなしの一発合格になった気がしないでも・・・。

来月初め頃から1~2週間の検査入院することになり、結果如何ではさらに長く・・・で、発表会には出れないかも。
先生は、締め切りは来月末だから退院してからの練習でも可能な曲で・・・と。
で、ピアノ合わせの回数が必要になりそうな「ある春の日の朝に」は没になり、モーツァルトのソナタを次回からレッスンすることになりました。
たとえ発表会で使えなくても、クロイツェルと並行して練習するのにちょうど良い曲でもあるので。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。