2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.19 (Mon)

基礎レッスン #5

【自主練習】
《新しいバイオリン教本・第1巻》ーちょうちょう

この曲で小指が登場し、気付いたこと。
開放弦からいきなり4指で音を取ると、3指が少し高い音程の位置にきている。
また3指を正しい位置に置こうとすると、4指の音程が低くなる。
要は3・4指間が十分に開いていない。

【レッスン】
《クロイツェル42の練習曲》ー第2番

今回は16分音符4つの、頭と最後がスタッカートで中2つがスラーの奏法(4番)。
前回もう少し速く弾くように言われたので、意識的にテンポ・アップして弾くとメチャクチャに。
ゆっくりから練習するように言われ、とうぜん次回に持ち越し。

【右手】
弓のコントロールが効かず、弾いている弓の位置が少しづつズレていく。
徐々にスタッカートのキレが悪くなっている。
スラーの最後の音は短めに。

実はクロイツェルを始めてから楽譜が非常に見づらくなりました。
特にオタマジャクシが線上にいるのか、線間にいるのか判断できないときがあります。
今までもハイポジションで十六分音符が黒く固まってあるのは、顔を譜面に近づけて横棒の本数を数えたりしていました。でも間違って弾けば音程がおかしい事にすぐ気付きます。
しかし、クロイツェルでは同じ音形が少しづつ音程を変えながら進むので気付きにくく、次の小節に入ってからアレッと・・・眼鏡を作る必要があるかな?(今までお世話になったことはないのですが)

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。