2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.15 (Tue)

基礎レッスン #3

練習内容とチェック・ポイントが増えました。
左手は弓を使う前に、澄んだ音が鳴る位置を確認しつつピッチカートで弾いてみる。
右手は弓の持ち方を確認してから弾き、終わったら指の形を確認する。

弾いている途中で人差し指の第2関節が棹に掛かっているのに気付いて直したりしていますが、弾き終わった後の確認はほとんど忘れていてすぐに形を崩して持ち替えてしまいます。
それだけではなく、ポジション・チェンジがでてくると数多い注意点の大半は忘却の彼方へと行ってしまいます。

こんな状況ではいつまで経っても前へ進まないので、クロイツェルでは左右の手を意識しないで練習することにしました。
そもそも演奏するときは曲作りに集中すべきだし、そのためには意識しなくても弾ける必要があるのだから。
代わって左右の手の練習は、昔使っていた「新しいバイオリン教本」を利用して個人練習することにしました。

こうして一応の練習順序を決めました。
姿勢を正す→楽器を水平に→右手指の位置確認→開放弦で弾く→右手指の位置確認(→以上を他の弦や重音で繰り返す)⇒
姿勢を正す→楽器を水平に→左手ピッチカートで弾く(→以上を他の弦で繰り返す)⇒
姿勢を正す→楽器を水平に→右手指の位置確認→曲を弾く→右手指の位置確認(→以上を他の弦や重音で繰り返す)⇒
(必要に応じて最初から、あるいは次の曲⇒)クロイツェル


【新しいバイオリン教本・第1巻】
メリーさんの羊、日の丸、メリーさんの羊変奏曲


【レッスン】
クロイツェル第2番

一度通して弾いて注意を受け、ポジション・チェンジのある後半を弾き直す。
G線のとき左肘の入り方が甘く、弦にきちっと指が乗っていない。
弓の毛全体が弦にあたるように弾く。

一応デターシュは終わり、次回からスラーとスタッカートの混じった奏法で。

【More・・・】

-----------------------------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[録音]
ショスタコーヴィチ:交響曲第2番「10月革命に捧ぐ」、同第3番「メーデー」、同第4番、同第6番
             同第8番、同第9番

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。