2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.28 (Fri)

レッスン再開

第3楽章が終わって「次は何にします?」と先生に訊ねられ、「残っている第1楽章を」との答えに続けて、「これが終われば、綺麗な音、速いテンポで弾けるように基本をやり直したい。」と返事しました。
気持ちとしては正確な音程もあるのですが、これは永遠の課題であって、実現の可能性がありそうなものだけにしました。

第2楽章を練習しているときはあまり感じなかったのですが、第3楽章になると理解しがたいフィンガリングに度々出会いました。
多くは音色を重視する校訂者(ダヴィッド・オイストラフ)が移弦に代わって位置移動や指を伸ばすことで、手の大きな西洋人には弾けても手の小さな私にはとても弾けません。おまけにテンポが速いので位置移動も追いつきません。
音色より弾けること重視でフィンがリングを変更するものの、もともと余裕がないところに余計な力が入ってぎこちない弾き方になり、音に滑らかさがなく雑音も混じって穢い音になっていました。

第1楽章になると他に方法が考えられない難しいフィンがリングも出てきて、この頃から「調性のある曲が弾きたい」と思うようになりました。
ブランクのせいであまり気乗りしなかったハチャ・コンは一時中断して、もう一度基礎からやり直し、綺麗な音で速いテンポで弾けるようになってから再挑戦しようと思いました。

退院後最初のレッスンでこのことを先生に話し、エチュードと簡単な曲をすることになりました。
曲は手持ちのモーツァルトのソナタ全集や小品集から選ぶことになりましたが、手頃なエチュードがありませんでした。
そこで先生が選んだのはクロイツェル。
クロイツェルの中身を見たのは初めてでしたが思っていたより易しそうで、基礎練習には良さそうに思えました。
とりあえず2番を1回だけ弾いて、エチュードはこれに決めてその場で購入しました。

こうして次回より基礎のレッスンが始まることになりました。
ハチャ・コンの開始とともに始めたこのブログ、ハチャ・コンの終了とともに閉じるつもりでしたが終わりが見えなくなってしまいました。

【More・・・】

-----------------------------------------------------------------------------------

最近聴いた曲
[生演奏]
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第35番、同第40番、同第41番、ピアノ・ソナタ第11番

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■モーツァルトのソナタは・・・

私もいくつか弾きたいのがありますが、
特に42番の第2楽章を弾きたいです。
ピアノとのかけあいが結構好きです。

一瞬、ベートーベンかと思いましたが、教本のほうですよね?
私も今のカイザーが終わったら
クロイツェルをやってみようと思っています。
c-tail |  2008.03.30(日) 22:54 |  URL |  【コメント編集】

■もちろん

クロイツェル42の練習曲です。
クロイツェル・ソナタを基礎の練習に使えるぐらいの技量があるならプロを目指しますよv-91

でもモーツァルトのソナタなら使えるのかという疑問もあります。
28番のソナタをやったときに25番以降の楽譜を纏めて買ったので、折角だからそれを利用しようということなのですが…?
ハチャ |  2008.03.31(月) 19:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。