2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.31 (Mon)

基礎レッスン #1

クロイツェルの第2番を通して弾いた後、一通り注意(これがいっぱいある)を受け、さらにフレーズごとに注意を受けながらゆっくりゆっくり弾いて第1回目のレッスン終了。

【姿勢】
背筋を伸ばす
ヴァイオリンを水平に

【右手】
上半弓で弾く
力を抜く
ダウンに比べアップの量が少ない(アップでは意識して多めに)
肘が後へ引けないように(手首を柔らかく、先弓で手首が反るように)

【左手】
力を抜く(特に親指)
手首がネックに近づかないように(1ポジ)
親指が出すぎている(1ポジ)
指先に力を(押さえるのではなく、指先だけで腕が指板にぶら下がっている感じ)
指は振り下ろすように指板に置く(上げるときに高く上げておく)
指と指板の間に隙間ができないように(指先の位置に注意)

うわぁ~、習い始めに言われたことばかりではないか
頭ではわかっていることばかりだが、長年かけてつけた悪い癖がこれだ。

最近は姿勢など殆ど意識したことがない。
私の前には女性のレッスンが続いていて、譜面台の高さが自宅に比べレッスン室の方が低く、前屈みになっているようだ。
オマケに最近譜面が見難くて、顔を譜面台に近づけたりするから余計だ。

右手の肘が後へ引けるのはE線を弾くときに今までも注意されていることで、これがなかなか直らない。
左手は弾き始めの1ポジや、その後の2ポジ、3ポジでは問題なく、1ポジに戻ってくると手首がネックに近づき親指が出ているらしい。

ゆっくり色々試しながら良い音が響くポイントを探しながらのレッスンでした。
特に弦を押さえる指先の位置が、弦の太さの半分(弦と垂直方向に)もズレると響きが全く違うことに気付かされました。

曲は違うものの、レッスン内容は習い初めと同じです。
ただ指摘されても、かつては音の違いが分からなかったのに、今は分かるようになっているだけ進歩したということか。
分かっても弾けるかは別の問題ですが…。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

体のほうは大丈夫ですか?
入院生活を機に基礎の復習をされるなんて偉いです!クロイチェル教本、後ろのほうはなかなか難しいものもありますよね。頑張ってください!
しかし、聴いたCDの数は圧巻です。私も少しは見習わなければ。。と反省しましたよ。
ひっきー |  2008.04.01(火) 22:58 |  URL |  【コメント編集】

■ヴァイオリンの

先生に誉められると嬉しいですね。
でも、復習というよりやり直しと言ったほうが・・・留年した気分です。

弾かないと聴けますね。
弾く時間を削るか、聴く時間を削るか、ですねv-342
ハチャ |  2008.04.02(水) 13:08 |  URL |  【コメント編集】

すっかりご無沙汰してしまいました。
ああ、私もがんばらねば……と読んでて思いました;^^
姿勢のことは、毎回注意されてます。
あと、脱力ですね。
もともと姿勢悪いのも関係あるのかも(汗)。
がんばります。
ちゃいむ |  2008.04.04(金) 23:09 |  URL |  【コメント編集】

■基礎の基礎?

私も注意されることは毎回いくつかあります。
その元を辿って行けば姿勢にあるようで、今になって気付いた次第です。

今までは上手く誤魔化して、それらしく聴こえるように弾いてきてたような気がします。
私もがんばります!
ハチャ |  2008.04.05(土) 18:04 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。