2009年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.18 (Tue)

ポチッ

ハイフェッツ1ハイフェッツ2


ダブリ買い防止のために始めたライブラりの作成。
オムニバスの約100枚が残っているが、ほぼ整理がついた。
これで間違って買うことはないはずなのだが・・・。

ベルギーの作曲家、Joseph Jongenはジョゼフ・ジョンゲンやヨーゼフ・ヨンゲン、ヨセフ・ヨンゲなどと表記されることもあり、注意ししていなければ別の作曲家と思い込んで買ってしまいそうだ。
協奏交響曲と交響的協奏曲、合奏協奏曲なども間違え易く、うっかり買い損ねることもありそうだ。
でもこれらは元々注意しているので、実際のところこのような間違いをしでかしたことはない。

カップリングの関係で同じ演奏のCDを複数枚持っているのは結構ある。特にハチャトゥリアンに多い。
AとB、BとCのカップリングで重なってしまう。そしてCとDが発売され、BとCのカップリング盤は意味を成さなくなってしまう。
こんなパターンで浮いてしまったCDは数枚あり、それらは人にあげた。

全く同じCDで今までにダブったのは3枚。
2枚は完全に失念していてダブったもの。もう1枚はCDのジャケットが違っていたために気付かずに買ったもの。(上の写真)
これらも人にあげた。

最近購入するCDは大半が輸入盤で、ネットで調べその情報を元に行きつけの輸入CD専門店に注文している。
ところが、たまにこのルートでは入手できないCDがある。
こんなときは仕方なく通販を利用することになってしまう。
送料や手数料がかかるので、ある程度の枚数を纏めて注文する。

今回、そのような状況の中で一緒に購入するCDを物色していたら、とある作曲家の交響曲第3番を見つけ、早速ポチッとした。
そして届いたCDをライブラリに登録していると、登録しようとしているCDがすでに登録されているではないか。
この作曲家の交響曲第1番と第2番である。

同一レーベルで、同じ作曲家の交響曲である。そのためジャケットも良く似ている。
3番をポチッとするとき、見誤ってポチッとしたようだ。
一応3番もポチッとしたようで、一緒に届いてはいた。

ライブラリが完成しても、ダブリ買いの要素はまだ残っている。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

00:00  |  聴く  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。