2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.28 (Tue)

ミニ・オフ会

ヴァイオリンのオフ会は何度も参加し、何人の人に会ったか分かりません。
しかし、聴く方のオフ会って・・・そもそも何をする
同じコンサートに行くことからお会いしたブロガーさんはいますが、オフ会は初めてです。

集まったのはめらにーさん、ティートさん、LCさんと私の4人で、私以外はすでに顔見知り。
前日にあったオフ会メンバー内の3人に、私が加わった「ミニ・オフ会+めらにーさんの大阪観光」で、前に書いた名曲喫茶がオフ会の会場。
店に入ると「予約席」のプレートが・・・ティートさんが予約されてたようです。

せっかく素晴らしいオーディオがあるのだからと、何枚かCDを用意して持って行きました。
マスターにお願いして掛けてもらった1曲目は、めらにーさんのリクエストに応えてスヴェトラ指揮でカリンニコフの交響曲第1番。でも話しに夢中でほとんど聴いてない状態。
続いてボルトキエヴィチの交響曲第1番、ボリス・チャイコフスキーの交響曲第2番と・・・時々反応があるから全く聴いてないわけでもなさそう。

最後はスヴェトラ指揮でドヴォルザークの「新世界」。
冒頭からのスヴェトラ節に「おお~っ」と反応しつつ、いったい第4楽章はどうなるのだろうと・・・。
予想通りの終楽章だが、フィナーレの平凡な終わり方に皆反応。
話しは弾んでいるのだが、それなりにBGMとして聴いているようでした。

一頻り話し終え、大阪観光は大阪城から。天守閣に上るのは小学校の遠足以来ではないだろうか?
その後は新世界で串かつの昼食。私は用があり、ここまで
関東から来ためらにーさんを連れて、これからN響を聴きに行くという

先のコンサートで会った関西のブロガーさんも、サントリーホールで大フィルを聴いてたなぁ。
カリンニコフ・ファンの女性はオケの追っかけがお好きなようで
スポンサーサイト

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

00:00  |  聴く  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.24 (Fri)

入学試験

ここ2ヶ月ほど、子供と一緒に大学説明会やオープン・キャンパスに何度か出かけました。

少子化が叫ばれるようになって、短大が四年制大学に、女子大が共学に、専門学校が単科大学へと衣替えしたりで、初耳の大学も多くあります。
名称だけでは何を勉強するのか分からないような学科があったり、専門学校とどこが違うのか分からない学部もあったりする。社会に出て即戦力として使える学生を育てようとしているのでしょうか?
私が卒業した学科など社会に出て一度も、ごく一部分さえ死ぬまでに使うことなく、変わり様に驚きます。

行ったついでに、音(芸)大の大学案内や入試要項を集めてきました。
教育学部の音楽専攻を別にすると、日本には約40校の音大があります。
その全てではないですが、試験内容の凡そを紹介します。
まだ課題が発表されていない学校もあり、去年の問題が載っていたりで、データがまちまちですが毎年同様の内容です。

普通の科目は別にして、ヴァイオリン専攻における音楽の内容を見ると、楽典、聴音、初見視唱、副科ピアノと実技です。
聴音や初見視唱、副科ピアノは学校によりあったりなかったり、マチマチです。
副科ピアノがあるところは、ソナチネまたはソナタの第1楽章と指定しているところが殆どです。

実技ですが、多くはスケールとエチュード、課題曲からなってます。
スケールは3オクターブで、特定の調が指定されていたり、任意であったり。小野アンナの「ヴァイオリン音階教本」の中から指定している大学もあります。
エチュードは、クロイツェルの練習曲、ローデ、ドント、パガニーニのカプリースから任意の1曲というのが多い。

課題曲は任意の1曲であったり、任意の協奏曲から第1楽章または終楽章といった大学が多いのですが、曲を指定しているところも結構あります。
第1楽章または終楽章との指定が多く、緩徐楽章を除くというところもあります。
なお、カデンツァは弾くところもあれば、弾かないところもあります。

K芸術大学ーブルッフ1番、ドヴォルザーク、スペイン交響曲、メンデルスゾーン、パガニーニ1番、サンサーンス3番、シベリウス、チャイコフスキー、ヴュータン4番・5番、ヴィェニャフスキ1番・2番

O芸術大学ーモーツァルト以降の協奏曲から第1楽章

S音楽大学ーバッハ1番・2番、モーツァルト3番・4番・5番、ブルッフ1番、ヴィェニャフスキ2番、スペイン協奏曲、メンデルスゾーン、同程度の曲

S大学ーモーツァルト、メンデルスゾーン、ブルッフ、ヴィェニャフスキ、ヴュータン、同程度の協奏曲から第1楽章または終楽章

T音楽大学ーブルッフ1番、メンデルスゾーン、スペイン交響曲、同等の曲から第1楽章または終楽章(モーツァルトまたはバロック時代の協奏曲も可)

T学園大学ーバルトーク2番、ブラームス、ブルッフ1番、ドヴォルザーク、エルガー、エルンスト、グラズノフ、スペイン交響曲、メンデルスゾーン、パガニーニ1番、プロコフィエフ1番・2番、サンサーンス3番、シベリウス、チャイコフスキー、ヴュータン5番、ヴィェニャフスキ1番・2番

T学園大学は多くのソリストを排出していますが、バルトーク、エルガー、エルンスト、プロコフィエフと他大学にない曲もあり、さすがですね。
数年前にK芸術大学に入った知人はモーツァルト5番を弾きました。
ところで、O芸術大学はザイツ(1848~1918)の協奏曲でも受験できるのでしょうか?

さて、あなたはどの曲で、どの大学を受験します

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.17 (Fri)

第2回勉強会オフ

今回の参加者はさん、さん、さん、めいかさん、の5人。
私以外はブログを持っていない人ばかりでしたが、オンではないからオフ会でいいのでしょう。

3人が初めてなので、モーツァルトのアダージョの第3Vnのボウイングと指使いを説明し、全員で通して弾き、続いて第2Vnも同様に。
そして前回宿題となった第1Vnの指使い。fさんが先生に聞いてくださった回答は「譜面どおりでよいのでは」とのこと。
前回以降いろいろ試してみて、私も譜面どおりに落ち着きつつありました。
その理由の一つとして、前回も今回も参加者にはポジ移動を習い始めた人、もうすぐポジ移動を習う人が多いのです。
どうしても4ポジになるところが1箇所あるものの、他は3ポジまでで弾けます。幾ばくかの時間が経てば、4ポジが1箇所だけなら第1Vnを弾いてみようと思う人も出てきそうなので。

第1Vnも全員で通して弾き、いよいよ合奏。例によって、一人づつ交代で指揮します。
前回に比べ指揮しているときも、弾いているときも各パートの音を良く聞き取れました。というより、ズレていることが良く分かりました。
これはどのパートも弾いたからかも知れません。そして聴くことに慣れてきたのでしょうか?

以前いたアンサンブルでは自分のパート譜しか配られず、他のパートがどんな音を弾いているのか分からずスコアを買っていました。でも他のパートを練習したことはありません。
しかも、第1Vnにいたので他のパートの音はあまり聞こえませんでした。
第2Vnの応援に回ったときにはヴィオラやチェロの音も聞こえ、スコアが頭に浮かんだものですが、それもごく一部が飛び飛びに浮かぶだけでした。
今回はスコアはなく各パート譜だけですが、弾きながらも聞こえてくる他のパート譜が浮かび、一つ一つの音符までもがハッキリ脳裏に描けました。
小節の頭でのズレは判り易いですが、2拍目や3拍目でのズレにも気付いたときはチョット驚きでした。

休憩後は初見視奏です。前回と同じ曲をパートを交代しながら5曲弾きました。
そして新しい曲、テレマンのメヌエットです。
まずは第3Vnの譜面を1ポジで弾けるように変更。問題になるような箇所はほとんどなく、開放弦か4指で弾くかぐらい。
後半に2ヶ所ある重音はA線とD線の開放弦なので、上下分けずに重音のままで挑戦することに。

第2Vnの譜面も1ポジに変更。指使いはほとんど問題ないのですが、ボウイングではアップアップ、ダウンダウンとしたところがありました。
後半は十六分音符のスラーだらけで、テンポもアレグレットのためチョット練習を要する。
第1Vnの譜面を検討する時間がなかったので、第2と第3だけの合奏を試みましたが、第2は私一人でした。

最後に少し残った時間でモーツァルトのアダージョをもう一度合奏し、勉強会を終えました。
そしてレストランで夕食を摂りながら一頻り歓談し、帰途に。家に帰り着くとグッタリでした。

最近、オフ会後に非常に疲れを感じます。
これほど長時間弾くことはなく、集中の度合いも違います。普段は弾けても1~2時間で、弾いては休むダラダラした練習です。
レッスンを受けていないので、練習中の集中力も落ちているように思います。レッスンを受けていれば、次のレッスンまでの小さな目標が集中力を高めてくれます。
レッスンを止めると音程が甘くなり、技術も低下することは知っていましたが、集中力が落ちるとは思いませんでした。
決して、カレーによるものではありません

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。