2006年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.05.31 (Wed)

特別授業料

レッスン室に入り、肩当を付け、松脂を塗って準備している時、社長が入ってきて、「何練習してるの?」
譜面台に広げた楽譜を指差しながら、「これ。ハチャトリアンのヴァイオリン協奏曲です。」
「ちょっと…」と言いながら、私の手からヴァイオリンと弓を取って弾き始めた。
上手い!!

この社長、チェロ暦50年以上で、プロのオケをバックにチェロ協奏曲を弾いたこともある人だ。が本職は楽器商で、プロオケの首席チェリストには知り合いも多いようである。
弦楽器には非常に詳しく、年に一度はヨーロッパへ直接買い付けに行っている。クリスティーズのカタログが置いてあったりするから、オークションにも参加しているかも知れない。
図書館で借りて読んだ、弦楽器の名器が載った本の執筆者一覧に名前があることも知っている。

趣味を商売にしているような人だが、ヴァイオリンも上手い。モーツァルトのヴァイオリン協奏曲程度は初見でも軽々と弾きこなす。さて、ハチャトリアンは?
少し遅めのテンポではあるが順調に進み、例の私が非常に苦労したところは…、飛ばした。
そこからは飛び飛びになって、しばらくして止める。
「難しいわ。先生、特別授業料もらいなはれや。」

すかさず、「先生にはCDをお貸しすることで、払ってます。」と切り返して、思い出した。
CDを7枚お貸ししたままだ。確か、ヴァインベルガー、カラーエフ、コーヌス、ブーニン、ミャスコフスキー、ミヨー、ローゼンフェルドの協奏曲の筈だ。カップリング曲は何だったろう?

そういえば、アンサンブル仲間のヴィオラ弾きにも貸している。チェロ曲ばかり楽譜と一緒に。
ここ3ヶ月ほど顔を見た覚えがないぞ。

なかなかCDの整理が終わらないではないか。
スポンサーサイト

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.05.28 (Sun)

楽譜の間違い

ゴールデンウィークに始めたCDの整理を追われて、ブログの更新が遅れています。中断すると、そのままズルズルと忘れてしまいそうで。

楽譜のミスプリを見つけた。同じフレーズが4回続くのに、3回目だけスラーが無い。
前にも似たような箇所があった。そこは4回目だけスラーが無く、クレッシェンドしてフォルテで始まるフレーズへと続くので、多少弾きにくくはあったがそれほど疑問も感じずに過ぎた。

3回目だけスラーが無いのは奇妙だなと思いつつも、最初は譜面通りに弾いていた。しかし先へ進むと、どうしてもボーイングが逆だろうと思われるところが出てきた。
どこかでアップボウまたはダウンボウで続けて弾く必要があるが、いくら考えても適当な箇所が見つからない。

先生に尋ねると、「ピアノ譜はどうなってますか?」との問い。忘れてた!
練習を始める前はピアノ譜やスコアを見ながらCDを聴いていたのに、いざ練習が始まってからはヴァイオリン譜しか見ていなかった。どちらもスラーがある。

楽譜のミスプリは結構あるようだ。
まだ教則本を練習している頃は先生からよく訂正が入った。先生は何度も同じ曲を教えているから知っているが、こちっは知らずに譜面通りに練習していきその場で訂正される。ボーイングならまだしも、指番号が違っているとポジションチェンジも変わるので直ぐには対応できない。ただでさえ譜読みは苦手なのに。

しかし、スラーや指番号の間違いは単純なミスプリで可愛いものだ。私が初めてかつ唯一見つけた間違いは音が違っていた。
モーツァルトのホ短調ソナタK.304のある箇所でレの音があり、弾き難いことこの上ない。フレーズからしても妙な音だ。でもモーツァルトは悪戯でわざと音を外したりするからと、CDを聴いてみるとミの音が鳴っている。これなら苦労せずに弾ける。

しかし、念のためにと他の楽譜で調べてみると、やはりミである。ただ一種類しかないので、どちらが正しいのか判らない。仕方なくベーレンライター版を取り寄せてみるとやはりミであった。
たった一つの音を確認するために1万円もする楽譜を買うことになったではないか。

楽譜は結構いい値段するのだからミスプリには気をつけてくださいよ、出版社さん。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2006.05.17 (Wed)

楽器と手の大きさ

ピアノではよく手の大きさが話題にされる。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番は10度の和音で始まるが、9度しか届かない私には不可能な曲だ(それ以前の大問題もあるが)。もっとも、日本人にはアルペジオで誤魔化している人が多いらしい。
ラフマニノフは手が大きかったそうだし、ポゴレリチにいたっては14度も届くとか。しかし、実際には見たことがない。

握手をしたことがあるピアニストでは、オスカー・ピーターソンが滅茶苦茶ごつい手だった。私の手が完全に隠れるほど大きく、強い力で握られて痛かったことを覚えている。おまけに指が太く、隣の鍵盤に触れずに白鍵を押さえられるのかと思うほどだった。

西洋人の場合は日本人に比べると手が大きいから、ピアノを弾くには有利だろう。しかし、ヴァイオリンでは手が大きいほうが有利だという話は聞いたことがない。

ヴァイオリンを始めた頃は、小指で押さえる位置が遠くて「指がつりそう」と思ったし、ド(E線)がでてきたときにはとても届くとは思えなかった。その辛さもいつの間にか忘れてしまったし、ポジション・チェンジが出来るようになると誤魔化すことも可能になった。
それでも手が大きい、いや指が長いほうがやはり有利だろう。

今使っている楽譜はダヴィッド・オイストラフの校訂によるものだが、譜面の指番号を追っていくと、人差し指と薬指を大きく開くところが何箇所も出てくる。完全4度や増4度に相当する距離である。これにスラーが付いているから堪ったものではない。臨時記号でこのようなことが生じている(人差指に♭、薬指に♯)のだが、音色の都合で移弦したくないのだろう。
おまけに♯付きのフレーズと♭付きのフレーズが同じ音程・音形で続いたりする。厳密には3ポジと4ポジなのだが、3.5ポジで弾いているようなものだ。ところがその次へ来た時に、いったい何ポジで弾いているのか混乱してしまう。ポジション・チェンジすべきなのか、そのままのポジションでよいのか。

一人では、狭い範囲の移動の少ないポジション・チェンジばかり考えてしまう。先生に相談してみると、無理に指を開くこともなく、手の形もそれほど変わらず、移弦を含む大きなポジション・チェンジで解決してしまった。ただし、10度の和音をアルペジオで弾くようなものではあるが。

今まで何度もこの曲を生演奏で聴いているが、私が弾くときが来るとは思ってもいなかったから、ソリストがどのような指使いで弾いてるのか気にしたことはなかった。次に機会があれば注視してみよう。

テーマ : バイオリン ジャンル : 音楽

00:00  |  弾く  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2006.05.10 (Wed)

CDの整理

「敵は本能寺にあり」で追い出されたのはヴァイオリンだけではない。譜面台やメトロノームは練習のために必要であるから当然だが、キーボードやコンサルティーナなども自室から追い出された。
するとそこそこのスペースが空いたのだが、今度はリビングから本棚が1本引っ越してくることになった。といっても空いたスペースにそのまま収まる訳ではないから、机やCDラックなどを配置換えすることになる。

ちょうど良い、机に平積みになっているCDも片付けよう。ついでにPCを使って整理もしようとゴールデン・ウイークに格闘したが、全体の4割くらい、いや3分の1程度で一旦中断してしまった。予想以上に時間が掛かりそうである。
しかし、こうして整理していると思わぬ(ミスの)発見がある。

全く記憶に無い曲・・・エルガーのヴァイオリン・ソナタ
 来月のコンサートで先生が演奏するので、ちょっと勉強しておこうと思っていたところである。
 発表会用に「愛の挨拶」を練習している頃、数枚買ったCDの1枚に入っていた。

カップリングの都合で重複したCD・・・ハチャトリアンのピアノ協奏曲とヴァイオリン協奏曲
 アノ曲が欲しくて買ったCDにピアノ協奏曲が、コノ曲が欲しくて買ったCDにヴァイオリン協奏曲がカップリングされていて、
 ピアノ協奏曲とヴァイオリン協奏曲のカップリングされたCDが余った。もちろん同じ演奏である。
 ハチャトリアンでは他にも1枚見つかっているが、まだありそうな気がする。

全く同じCD・・・ブルッフとヴュータンのヴァイオリン協奏曲
 ブルッフが欲しくて買い、ヴュータンが欲しくて買ったのだが、ジャケットが違っていたので同じCDと気付かずに買った。

最初のは嬉しい誤算、次は仕方ない。最後は完全な失敗である。
早く整理しなければ!!

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

00:00  |  聴く  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。